クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2008年
04月30日
05:36

明日からo85月。

朝刊配達の前に、昨日見せられた、20歳の同僚のクロッキーの感想を言いました。

この仕事に就く面接のとき、木彫りや絵本をすると言ったのは覚えています。それがどうも、美術をする人というふうにひろまっているような感じがあります。
それで昨日、美術の専門学校に行っているという同僚に、自分が書いたというクロッッキーを見せられました。私に感想を求めたのでした。
「朝刊配りながら感想考える」と言って、私のほうが配達終了、速いので、会うことなく、今日、配達前に感想を言いました。

また10枚くらい書くから、また見てくださいと言われました。

昨日、好きな画家、画家じゃなくてもいいけど、三人あげて、と言ったら、
ダリ、アンディー・ウォーホール、岡本太郎、と言っていました。私もダリは好きなので、なんというか、好みというか傾向、そんなに遠くない同僚です。岡本太郎もです。ウォーホールはあんまり知りません。

同僚には、上手いと思ったことと、何枚か動きの絵があったけど、動きがあった、それは出てると思った、これは出せと言っても出るものではないから、それは長所だと思うから、とか言いました。

あとは、自分も、木彫りをするんだけど、で、絵も描くんだけど、思うのは、線。
「なんというかこう・・」
「生きた線」
「うん・・。」
動きのある絵。たとえばただ立っている絵とかでも、動きがある線ってある。それは出る。動きのある絵、何枚か描いてたけど、たとえばただ立っているだけの絵でも、動き、というかなんというか、出るから、
長所だと思うから、そこらへん伸ばすといいんじゃないかな、
とか言いました。

あとは、なんというか、大きい絵を縮小コピーしたような絵で、クロッキーぽくないとは思った、とかも言いました。すると、写真を見て書いたと言っていました。「うん。」
ということで、
小さくまとめるくらいなら、はみ出すくらいに描いたほうがいいと思う、とか言いました。


また見てくださいと言われてよかったです。
感想を求めているってことは、お世辞を求めているんじゃないよな・・、と思いましたので、不得手なほうですが、励みになるようにをメインに、思ったことを言うように、とか考えて言ったのでした。また見てくださいと言われてよかったです。

前の職場ではこんなこと話すような同僚いませんでした。
今回の職場、同県人が私ふくめて3人もいること判明しましたし、一人は、同県も同県、同郡、
え、インターのこっち、あっち? こっち。ガソリンスタンドの前のほうか、とか、そんな局地的話題も出来るくらいです。個人的には、そこは、つきあっていた人の住んでたあたりです。いやがうえでも思い出したりもするのでした。
この同僚はサーフィンをするようです。サーフボードを持ってきたりしていたので、
「お、スノーボードではない!」
とか、わけのわからないツッコミをさせていただいています。
あそこらへんはスキー場があるところで、スキー部だったそうです。

絵を描いたりする同僚もいること、なんだか、やはり、退職、引越し、今の生活、
新しい日々になったことを感じさせられます。

なんだかんだで、4月は「引越し後の日々」という感じで、気がついたらもう月末だったりです。

5月1日から本格スタートの所存です。

コメント

2008年
04月30日
07:55

趣味が合う同僚が居るっていいですね。
クルミンシタさんの新しい生活が神様に守られ祝されますように。

2008年
04月30日
12:52

新しい生活、新しい職場、新しい同僚。

3月は別れの月で感傷的ですが、
4月は新しいことが始まる希望の月ですね。

「生きた線」ってなんかすごいなあと思いました。絵心のない僕にはわからない世界です。
知らない世界を垣間見えてちょっと得した気分になりました。

新しい生活にいいことがいっぱい起こりますようにお祈りします。

2008年
04月30日
20:05

しかし、罪を犯したのであった・・。。

2008年
04月30日
20:19

明日から、毎日、市川教会に行くことスタートの所存。

しかし、今日、罪を犯してしまったのであった・・。。


罪を犯したことを、なかったことにして、

あるいは、「これくらい・・」とか思ったりして、
告解しないでしまおうか・・
という誘惑にかられることがあります。
今日がそうです。

市川教会に、ひとかどの好青年として、ひかえめにも華々しくデビューしたいとか、
そんなことを思っているのが根底にある、自愛の、ええかっこしいの、
そこへんが原因です。



母教会の故シュトルム神父には、告解しないといけない罪があったときは、告解してから御聖体をいただくようにと言われています。

これからも、「はい」です。


ということで、明日は、
「告解したいのですが」、や市川では告解はどういううふうに、時間が決まっていつとか、どうゆうふうなのですか、とかからスタートです。

罪を犯さないのがいいですが、

所属しようとしている教会で、告解からスタートできること、

罪を犯さないほうがいいですが、

今日は、罪人として、
しかし心を整え、反省し、


感謝。

2008年
04月30日
21:55

ついさっき、店に行って、今後の朝刊配達の給料の話をつけてきました。
今やってるのを5月末までやって、6月1日からは新しく別の区域をやります。給料を、もうちょっとだけアップさせたかったから、&、芋の、団地や高層マンションだけの配達だと、長くやるには自分に向いてない感もあったから、給料、これくらいアップなら、違う区域やってもいいと、ほのめかしておいたら、今日、電話があって、店に行って、所長(店長)と話をつけてきました。給料、アップしました。
細かく話をつけて、月の配達日数には何日か、月によって変動がありますので、その給料の最低ラインも確認してきました。
私のやりくり計算は、どんどん稼ぐより、計算のために最低ラインが最も重要ですので、
これで6月1日からの、朝刊配達の最低ラインはちゃんと出来ましたので、
あともう一つ、欲張らない給料で、できるだけ少ない労働時間、のバイト、今のところ掃除(コインランドリー)をつけていこうと思います。

2008年
04月30日
21:57

明日、
SoranosiTap's 第3回演奏会をします☆

曲目は、「マラナタ」

2008年
04月30日
22:22

モーリーさん。

絵とかの話をする同僚は・・
考えてみたらはじめてです。

教会のほう、市川教会、まだ、話したりしたことある人いないです。
どんなことが待ってるのかな・・☆


ぶっちゃけ、
経済もふくめ、引越し後、ふくめというより、ほぼ大部分、経済への不安状態にいること、自分でわかっています。
でも、

生活も痛切、祈りも痛切、

という感じのこと、感謝です。

日々の生活と、日々の祈りは、どんどんイコールになっていくんだと思っています。

主の助けがないと、私なんか、いろんな意味で死んじゃうんじゃないかと思います。


ありがとうございます。

毎月一度は奉献の更新をするようにしていますが、今度のときは、もっと、なんというか一個の存在として、とるにたりない、なんかあったら死にそうな、そんなリアルな一個の自分を、でも、奉献できると、

そんなことに、

感謝!

2008年
04月30日
22:25

ごま和えさん。

豆腐にキュウリとセロリとミョウガの酢砂糖そばつゆ醤油、豆腐グチョグチョ、どんぶりにヨーグルトにフルーツみたいな感じで、
がチョーおいしいです。

「線」。
とくに、木彫りではそうです。
つづく。

ありがとうございます。

2008年
04月30日
22:42

クルミンシタさん、それおいしそうですね。

「生活と祈りがイコールになってくる」・・・私も主の助け無しにはやっていけません。もう、いつも祈るしかありません。

2008年
05月01日
05:57

原付ロザリオン「ワルデイン」(※マイスクーター。過去日記参照)が盗難にあいました。
→この件に関しては、別の日記につづく。。

2008年
05月01日
06:22

市川教会、毎日御ミサ、後日スタートにもちこしとなります。

2008年
05月01日
17:27

SoranosiTap's 第3回演奏会、後日延期です。
5月13日はファティマの聖母の日です☆

2008年
05月01日
17:34

ごま和えさん。

木彫りについて書きたいことはたくさんあります。
なので書きません。
おりおり書きます。

「線」
下絵というか、はじめに書いておく線、彫るからすぐなくなりますが、
この線が書ければ、この木彫り、イケる☆ って感じになります。

座標的に、その線、残りませんが、
しかし、さいごまで残ります。

自分、木彫りしていてそう思っています。

昔は自転車で海まで行ったり、
体、へろへろに、なんというか、よけいなこと抜けて、ランナーズハイみたいになってから、「線」書いたり彫ったりしたものです。

これからは、

いつも、走っていなくても、いつも走っていたいです。

2008年
05月01日
17:36

静かに、なんというか、安定した、走行。

2008年
05月01日
17:44

モーリーさん。

hitujiさんも書いていましたが、豆腐、40円。
ありました。今日、ありました。39円でした。三つ買いました。

セロリ100円(三日分)
キュウリ三本100円〈三日分)。
みょうが三本150円くらいです。

山行ったりして、沢がさわさわしているところで腰掛けているような味がします☆

生活と祈りは同じだと思いますし、そうありたいです。

歌も、
なんというか、どこが本場ともいえないですが、ヨーロッパの田舎とか、普通に家庭にキリスト教がある生活。台所とかで家事しながら歌う、そんな歌も多くあるわけです。

イコールに「歌」も入れたいです☆

: