クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2008年
04月22日
06:16

退職金振込み通知書

退職金振込み通知書というハガキが新聞の厚生会から届きました。振込み日時が書いてありました。思ってたより早い日時での臨時収入です。
見切り発車な引越し決行でしたが、二段ロケットで軌道に乗りそうな感じになってきました。
当初、社会経験の乏しい私、退職金のこと、念頭にない算段でした。
業務内容を減らしたりした特殊社員でしたし。
ぶっちゃけ、助かりました。

退職金。
財産というより、切り離しの噴射です。

慎ましい経済は続行しなければなりませんが、
豆腐のような、静かな軌道に乗ります。

今日、実家から兄が送ってくれた洗濯機が届きます。私も使いなれた洗濯機です。
届いたら、風呂場から、長いホースを買ってきて、なんとうか、締めるやつも買ってきて、排水はどんなふうに風呂場に流すようにするかなど、お金も少しかかると思います。
次の給料は、朝刊のみだし、引越してからだから、丸まる一月分の給料ではないし、一ヶ月あたりの出費がオーバーしていて、新住まいのための、こまこまも、など、
今度の給料の前に退職金が入ります。
ありがとうございます。

コメント

前を表示

2番~21番を表示

2008年
04月22日
23:10

モーリーさん。

はい。すっごくそう思います。

今日も、日付かわって、今日もすっごくそう思いました。
そして、

いつも、ここ数ヶ月、いつも、足りなくなってシンドイ感のある数千円、というか、ほとんど一万円近く。
タバコをやめろと言われているような気がしてならないのです。
今日は、アルバイトの仕事先で、給料の下限ラインに話をつけてきて、
スクーターの上で、
タバコを吸いながらでしたが・・
そう思いました。

2008年
04月22日
23:42

クルミンシタさんはタバコを吸うのですか?
私も夫もタバコをやめました。特に夫はヘビースモーカーだったけど、気がついたら止めていました。もう18年位になるかしら。その前は毎日100本以上吸ってました。タバコは健康にも良くないので、やめて良かったと思います。もちろん、お金も節約できるし・・・。

2008年
04月23日
06:11

はい。

20歳になる1週間くらい前にはじめて吸いました。
以来、たまに禁煙をこころみることもあったにせよ、ほぼ、コンスタントに、一日一箱。といいつつ、一週間に8箱かもしれないくらい吸っては買って、吸っては買ってをしています。
20歳になる一週間くらい前、自動販売機の前で、
さて、どれにしよう・・
父が吸っていた記憶のあるマイルドセブンを買ったのを覚えています。
今も、メンソールのですが、マイルドセブンのです。
「うまい・・。。」
というのが最初の感想です。

私は、ヘビーといううよりチェーンスモーカーです。なにかしていないときは、ほぼ吸っています。
配達のとき、
けっして、配達しながら吸うことはしませんが、行き帰りや、距離的に、次の家まで長いときはすかさ吸いながら走ります。
省察してみると、
なにかをする前、した後は、確実に吸っています。

いいわけ的に、メリハリとか言っちゃうわけです。
これまで経験した仕事、ほとんど、ヘビーやチェーンの人の多い、あるいは、多い職種でした。
ペンキ屋、農場、新聞屋。
「よっしゃ、やるか」
ぐわぁーーっと、仕事。
「ふぅー」
みたいな。

2008年
04月23日
06:35

「お茶」
になるかもしれません。緑茶です。
ヘビー飲茶者になるかもしれません。
そう思い始めています。

ヘビーヤムチャーw

アチョー!


みたいな(笑)


マラソン。

しているときも、する前も、した後も、たぶん、
なんとなくは経験ありますが、実際、吸いません。

みたいな。


仕事。今回の朝刊配達。

昨日の夜、今後の私の配達内容が決定していたようです。
25日から、その内容に移行します。
団地に、各区域からチョイスした巨大マンションをくっつけます。
今、団地を、私ともう1人、私が80パーくらいで配っています。
25日から、もう1人、詳細は知りませんが、休んでいた人が復活することになり、私、60パーくらいになります。
時間にして、1時間もかからない内容になってしまいます。
というからみで、
雨が降ったときに時間がかかりすぎ傾向があった学生バイト君のとこのマンションを中心に、階段の多い建物を組み合わせまくった、私のための新区域が誕生しました。
各区域、新聞に入れるチラシの種類が違ったりするわけですが、最初にチラシを、そういうふうに、この新区域用に組んでおいてくれるという段取りもつけておいてくれるようです。

ちょっと特殊な区域編成になりました。トレーニング感にあふれる仕事内容です。
二時半に店に行けばいいですが、これからは1時1分に起床するように、生活の時間割を組んでいこうと、今日の朝刊配達をしながら考えました。

寝起きにいきなりやるにはプチハードトレーニング度が高いのです。少し早めに起きて、が体や心臓にいいと思ったからです。
逆算して、就寝時間も決まってきます。

2008年
04月23日
06:41

朝の空気を吸いながら、メリハリの必要のなさをの時期というか、なんというか、を、の始まっている自分を、なんとなく感じたのでした。

はしょります。

受動的ではない、能動的な、
なんというか、しっかりとした、重心の安定した走りです。

2008年
04月25日
23:27

朝刊配達のプロですね。すごい。雪が降った時はクルミンシタさんバイクで大変だなぁ、と思いましたが、これから暫くいい季節ですね。梅雨になる前までは。

2008年
04月27日
00:37

モーリーさん。

今度の仕事先の朝刊配達は、私、特殊な区域を配達させられています。
今後しばらく、確定したらしい配達場所は、

私、本名、「阿部」なのですが、

私の配る、3区域からチョイスして組み合わせた、
もしかしたら、頭数的に、要らないくらいだったのかも・・ と思わせる、ムリクリ組み合わせ区域は、

「アベッ区」という通称名称がついたようです。

官舎と、大型マンション二つをくっつけた新区域です。

つづく。。

2008年
04月28日
05:32

どうも、「アベッ区」は暫定的なもととなりそうです。
日付かわって今日、配達後、
すでに「アベッ区」の配達も、相当早い時間に終了して戻ったら、「平場(ひらば)」でもいいかとの打診がありました。
私が、給料、もう少しつりあげるため、どこの区域でもいから、あと5000から1万上がるとこをやらせてくださいと、言っておいたこともあっての話です。
「アベッ区」の高層マンション、中で、上まで行くとなんだかわからなくなる構造なのに、ソツなくこなして、すでにかなり速いことから、「もったいない」ということになり、
どうも、1人辞めて、1人入ってくるらしく、たぶん、その辞める人のところに私が入るというふうになっていく段取りのようです、今日明日のことではないですが、来月くらいにはそうなるかもしれません。

人のよっては、団地やマンションの配達が好きな人もいますが、私は「ヒラバ」のほうが好きです。体で覚えるほうなので、一度覚えると、なんにも見ないで配ることが出来るからです。調子がいいときは、無意識に配っていて、知らないうちに、あれ、もうこんなところまで・・ と、一応、不安になって、戻って見たりして、あ、やっぱ、配ってる。とかです。

だんだんに、朝7時半からの御ミサに毎日行く日々に軌道を乗せたいので、6時ぐらいまでに終わるならという条件もほのめかしてあります。

朝刊配達。御ミサ。もう一個、掃除かなにかの1~2時間のバイト。
これで、老後の心配のない(←、無視という意味)生計は立つと思います。

&単発バイト。
これは、ジーパン買うとか、木彫りの道具買うとか、映画行ってみっかな・・。。 とか、そのための、随時の稼ぎです。


二年半くらい前、東京に来て、住み込みで社員やって、たぶん、ちゃんとやって、
今、千葉の店で働いてみて、
二年半くらい前、ど新人で始まった職場だったから、二年半経っても、先輩たちもいるし、
自分もベテラン、あるいはプロになっていつことの自覚、薄かったのでうが、

2008年
04月28日
05:45

今、新職場で、かなり、プロのベテランになっている自分を自覚させられることが多いです。
思えば、
なつかしき練馬の日々は、
新聞屋としてはハードな地帯でした。それが常識でした。
はじめ、そこだったこと、ラッキーといえばラッキーでした。

仕事、
拘束時間以外は、ラクなのを好みません。
今回、「アベッ区」、じつをいえば物足りなさを感じています。

収入のほう、予想のメドがついてきました。


4月に引越して、

5月。

メーデー。
聖ヨセフの日。

今日は聖モンフォールの日。
私、聖母マリアに自己を奉献していますが、奉献の方法は、聖モンフォールの方法で奉献しています。何年か前に、母教会、故シュトルム神父の立会いでやりました。神父さんも若い頃、同じように、もう1人立会いでやったから、そのときいてもいいか、はい、とうことでやりました。

ということで、今日、奉献の更新、5月からの日々到来に備えます☆

2008年
04月28日
05:51

やばっ!

調べ直してみたら、7時からだ。
死海(風呂)入ろっと。

急げ~♪

2008年
04月28日
06:20

ちょっと時間的にムリがありますね。

バリカンして、風呂入って、夕方6時の四ツ谷の御ミサと奉献の更新にしましょう。

市川教会に毎日の日々は、5月1日、ヨセフの日からにしましょう。

2008年
04月28日
23:18

四ツ谷に行ってきました。
奉献の更新しました。


聖霊。

火。

2008年
04月29日
00:18

教会生活も充実していていいですね。私はカソリックのことはわからないので、クルミンシタさんの書いてることが、理解できてるとは言えないのですが。

2008年
04月29日
05:30

モーリーさん。

私、クルミンシタの書いていることには聖母マリアへの信心が多いです。
「サザエさん」のように、
ここはクリスチャン、あるいは三位一体を否定しない(だったかな・・ 正確な規約、文章、読み直さないで書いていますゆえ)人たちのSNSですので、なおですが、
「サザエさん」のように、自分のこと、普通に、生活的に書こうという、ネットに書くようになったときの、当初からの指針のようなものはあります。

私の場合、聖母マリアへの信心は、日常のことです。

カソリックでは、聖母マリアへの信心、
励まされてはいますが、信仰箇条とかではない、個々人のものです。

私は、「マリアさま・・。。」とか書きますが、もちろん、イエズス中心です。

聖モンフォールの著作にもありますが、
「大阪に行く」(イエズス)。
「名古屋に行く」(聖母)。
大阪に行くのに名古屋にも行きます。だから、「名古屋に行く」といってもいいのです。もちろん、大阪に行きます。たとえです。

聖モンフォールは、

2008年
04月29日
05:37

ルイ・マリア・グリニョン・ド・モンフォールは、1671年生まれで、
教皇から「聖座直属宣教師」という肩書きで任命されたりしている人です。

前の教皇、ヨハネ・パウロ2世は、若い頃からモンフォールの著作に親しんでいて、教皇になってからも頻繁に引用したり信者を励ましたりしていました。

カソリック内での聖母への信心は、
一つ、具体的エピソードを書くとわかりやすいと思うので書きます。
例によって私めのエピソードですが、

2008年
04月29日
05:38

「奉献の更新」というのはどういうことですか?ミサに行くのを更新したという意味ですか?

2008年
04月29日
05:49

教会に行くようになって、
洗礼も受けて、
二年くらいして、ある日のことでした。「イエズス」と祈ったのは。

「マリアさま、マリアさま」と祈っていました。もちろん今でもですが。

二年くらい、イエスの「イ」さえも言ったことも祈ったこともなかったくらいです。クリスチャンなのに。
だから、
あ・・
俺、はじめて「イエズス」って祈った・・。。
でした。



教会に、ある年の4月に行くようになり、5月の末、部屋で、マリアさまに、祈るというかなんというか、
涙。
次の日、すかさず教会に行って、神父さんに、ただ、これを言いたいがためだけにいきました。
母教会は、日本家屋でしたので、縁側で、神父さんと、

「マリアさまに祈りたいのでしが・・!」

ただこれを言いたかったので、会話の脈略もなく唐突くんでした。

神父さんは、
「聖母マリアに祈ることは義務ではありません。私も聖母マリアに祈りますが、マネしなくてもいいんです。」
「マリアさまに祈りたいんです!」

「ロザリオの祈りは知っているか」
「知りません」


故シュトルム神父も若い頃、聖母マリアに奉献をしています。

2008年
04月29日
05:57

ある年の正月。
カトリックカレンダーでは「神の母」の日。
聖モンフォールの方法と奉献文で奉献をしました。神父さんがシャンパンを用意していてくれて、2人での飲みました。今でも毎年この日はカンパイします。

聖モンフォールの「聖母マリアへのまことの信心」という本です。


神父さんは、私に、
「読ませたい本がもう1冊ある」と言ってた本です。

今日、聖カタリナ(シエナの)の日。

この本、
カタリナお姉さんから「プレゼント」としていただきました。
カソリックでは、洗礼のときに霊名として、聖人の名前からのがつきます。
カタリナおねえさんというのは、私のホントの親しい信者さんです。霊名が「カタリナ」です。シエナの。
ある年、

2008年
04月29日
06:08

シュトルム神父は高齢の神父さんでしたので、そして、私はヘンテコでしたので、神父さん亡きあと、指導してくれる神父さま、とてもいい神父さまがいるということで、カタリナお姉さんの段取りで、東京、埼玉に出かけてきたことがあります。
カタリナおねえさんと四ツ谷で、神父さんが来るのを改札で待って、来て、第一声、「なんだ、スポーツマンじゃない」を覚えています。
四ツ谷の駅ビルの下で食事しました。神父さまがオムライスだったことも覚えています。

話戻します。駅で待っている前に、カソリック系の書店、「サンパウロ」におねえさんに連れられてはじめて行きました。キリスト教のばっかり、4階まもあって、田舎クリスチャン、ウキウキでビックリでした。
おねえさん、知らないうちに本を買ってくれていてプレゼントしてくれました。
「神父さんが、読ませたいって言ってた本だ・・。。」

とっても大事な本になりました☆

2008年
04月29日
06:22

「奉献の更新」


奉献は、
「聖母への自己奉献の祈り」
という、モンフォールの祈りを使用しています。
詳しくは、
マリアの御手をとおして、人となった永遠の知恵イエズス・キリストに、自分自身を奉献する。
です。


洗礼のとき約束したことがあります。
この奉献は、その約束の更新と言ってもいいです。
を、
この本にも書いてありますが、故シュトルム神父にも、
「月に一回、更新するように」言われていたので、守っています。

だいたいは、カトリックカレンダーみて、聖母のなにかの日にしています。
だいたいは、告解して、御ミサにもあづかり、聖体を拝領し、聖母像のとこか御聖体の前で奉献文を読んで、日付と名前を書いて、マリアさまの(像ですが)の足元において、ちょっと祈って、手をさわったりして、またしまいます。
この日、洗礼のときに来ていた、白のパーカーも着るようにしています。


日々、新たに、とうことなのかもしれません。

: