クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2008年
04月18日
23:22

豆知識

http://www.zentoren.jp/info/06.html
豆腐は、古くて新しい健康食品です

昔から豆腐は、これを精進料理として食していた僧侶や多く摂っていた地方に長寿者が多いことから、長寿食ともいわれてきました。近年に至り栄養学等の確立により、極めて高い良質蛋白食品であることが科学的にも立証され、栄養面ですぐれた食品といわれてきました。

豆腐の原料は、ただ一つ大豆です。大豆は、畑の肉といわれるように、良質なタンパク質や脂質の含有量が多い(概数で、タンパク質35~45%、脂質18~26%)栄養価の高い食品ですが、そのほかミネラル、ビタミンをはじめ、前記の「機能性食品」としての成分が各種含まれていることが次々に解明されております。

http://www.kyuzaya.jp/modules/tinyd5/
なお、豆腐は、カロリーが少なく、水分が多いため満腹感が得られ、かつ、栄養不足にならないという点で、すぐれたダイエット食品にもなれます。
さらに、昔から豆腐などの精進料理を食べていた僧侶や、豆腐を多く食していた地域に長寿者が多いことを持ち出すまでもなく、健康を増進し老化を遅らせる成分・物質をいろいろ備えている豆腐はまた、長寿食ともいえます。

http://www.shokuhinjiten.com/mame/tofu.html
また、大豆オリゴ糖を主成分とする糖質を含み、腸の働きを活性化して、消化吸収を助ける作用があります。
大豆よりも消化吸収が早いため、夏バテなどの食欲の無い時や、胃腸虚弱の人にも向いていると言えます。

http://www.e-tofuya.com/tofu-eiyo.htm
 人の身体の三大栄養素であるタンパク質、糖質(炭水化物)、脂質のうち、豆腐は、特に良質なタンパク質と脂質に富んでいます。豆腐は水分が多い(80%以上)ので、豆腐の中のタンパク質は6パーセント程度ですが、水分を抜いて換算しますと約50パーセントがタンパク質です。
 他の食品と比較したものを以下に記しました。如何に高タンパクかご理解頂けると思います。

<木綿豆腐1丁(300g)のタンパク質(20.4g)を他の食品で摂るとすれば>
 豚肉ソテー用  1枚(124g)
  若鶏皮付きもも 1/2枚(118g)
  卵         3.5個
  ひらめ大     1切れ(119g)
  ごはん       茶わん6杯(790g)

***
つづく。

「おから」も気になる。
「しみ豆腐」も気になる。母の大好物。なお、これは方言で、「凍り豆腐」のこと。

コメント

2008年
04月18日
23:37

雨が続いていますね。
朝刊配達後、すかさず死海(ダイソー「死海の塩」入りお風呂)。

今日は靴(東京靴流通センターで買った、三ヶ月目くらいのアシックス。仕事的にはそろそろ靴底が・・)を、お風呂に入りつつ洗いました。

なかなか乾かないけど、明日も雨。予報では弱雨。

ひさしぶりに靴を洗うということをしたw
.

2008年
04月19日
04:15

2: -

豆腐大好きです。

2008年
04月19日
05:43

kiraraさん。

「畑の肉」という言葉が助かります。
ぐっちゃけ、大好物、豚肉で、病気のとき、全然食べれるほうなので、そういうときは豚肉、めっちゃ食うのですが、
おもに経済的というか、フリー時間優先経済のため、食費、しかし、仕事が、高校の運動部のような仕事のため、
栄養が豊富でありながら低予算の、メイン食材を探求していました。大げさに書きましたが、大げさなことではないといっても過言ではありません。
(↑、文章思いついたから書いちゃった。日本語文章的につながり、ちょっとヘンかも)。

人間の体は、摂取、少なすぎることには強く、多すぎることには弱いそうです。少ないと、どうにかこうにか、消費を抑えたり、そこらへんには長けているようです。


豆腐。

「腐る」という字が使われていますが、

・・ちょっと検索しなおします。そんなこと書いてあったのを読んだ気がするのです。つづく。

2008年
04月19日
05:47

http://www.shokuiku.co.jp/data/touhu.html
豆腐の腐は腐るという意味ではなく、中国語で弾力のあるやわらかい固体を示す言葉だそうです。

2008年
04月19日
06:09

オンラインの中国語辞書で検索☆

豆腐は中国語で「豆腐」
発音は・・

デケデン!

do’u hu

****
ちなみに、
メジャーな豆知識かもしれませんが、

中国語で「手紙」は、
トイレットペーパーのことです。

「お手紙ください」


****
昨日だったか、おとといだったか、テレビでやっていたのですが、
「おみおつけ」
漢字で書くと・・

ペケペン!

御御御漬け

おおぉ。。


.

2008年
04月19日
06:37

6: -

あはは~(^O^) 御御御漬け~(笑) デケデン!とか ペケペン!が面白いですう~(^0_0^)

2008年
04月19日
15:42

kiraraさん。

カトリックでは(私の知っている人のほとんどは)、私も含めて、
聖堂のこと、
「おみどう」と言います。

これもやはり、「御御堂」でしょうか。
ネットで書くときは「お御堂」と書くようにしていますが。


昨日は、豆腐のこと考えつつも、タマネギとキャベツを煮て、そばつゆと味付け塩コショーでスープにして、ふりかけ御御飯で食べました。
キャベツのスープ。タマネギも入れたし、熱い、鍋状態だと、めっちゃ美味しいですね☆ &豆腐もあれば、かなりな献立になるのではないでしょうか。

朝はフライパンにハムで目玉焼きで、ふりかけ御御飯で食べました。カットわかめの味噌汁も飲みました。

キャベツ、おいしいなぁ・・。。

2008年
04月19日
20:59

hitujiです。
クルミンシタさんの記事に影響されて、今日は豆腐を買って来ました。30円で結構お買い得でするんるん
納豆は良く食べますが、これからは豆腐もよく食べようと思いました。
お店とかで、豆腐でなく、豆富とか書いてたりもします。多分、腐だと「腐る」を連想するからかも。

2008年
04月20日
21:54

hitujiさん。

豆富、30円なんですかっ!

とビックリしつつ、今日、スーパーにて、48円が相場のようであることわかりました。
豆腐に詳しくはありませんでしたが、なんとなく、一丁、100円とかと思い込んでいたので、嬉しい誤算です。
hitujiさんの30円は、毎日食べるとしたら、暗算が簡単そうで、その点でも羨ましいです。
1000円以内ですね。
48円だと・・

さっそく、どんぶりで食べてみました。母も住むとはいえ、妹や甥っ子とのからみもあって、基本的にまだ一人住まい、引越ししたて、豆腐もどんぶりで食べました。
ストレート。
醤油で食べました。
しだいに、ぐちょぐちょにして食べたくなり、そうしました。
おいしかったです。豆富はおいしいです。
どんぶりでぐちょぐちょにしてみたら、豆腐のイメージがちょっと変わりました。
ぐちょぐちょにしてみると、どんぶりで上品な量の御飯をたべているような量になります。これがかなりの戦力になる食品だと思うと、
坊さんのような気分です。
これからもどんぶりで食べようと思いました。
そして、
ぐちょぐちょでどんぶりにしてみて、
四角いままでは考えなかった、
なにかを混ぜてもいいという可能性がふくらみました。

画像、
今日はカトリック市川教会に母と行きました。
私、スクーター、母、バスであったため、帰り、バス、一時間ぐらいに1本しかないため、母、待ち時間、ちょっと何か買っていく、私、一応、部屋に早めに戻っている、で、
じつは豆腐と、母の大好物・りんごを買って帰ったのでした。
母も豆腐を買ってきていました。
母のは二つで売っているやつで、都合、3丁。
母は夕食の時間より前に妹のとこに行かなければならなかったので、
今、豆富ぐちょぐちょ丼を、ありがたくいただいた次第です。
母、リンゴを食べて、ほうれん草ともやしを煮たものを残してくれて、
画像、それをちょっと食べて、酢と醤油で、密封容器に入れたものです。冷蔵庫に入れて、明日あさってで食べます。

画像、冷蔵庫、小さいので、卵をななめに入れているくらいです。

チョコレートも入っています。パンに塗るためですが、バナナを食べるときにも使います。
私、それなりに肉体労働なので、たまにチョコレートを欲します。

バナナ、
2本食べれば、十分、一食分になると、
私、大好きな、吉本ばななもパフィーのアミちゃんも大好きな奈良美智(画家・アーティスト)が言っていました。


食生活が変わってきました☆

2008年
04月20日
22:11

料亭吉兆が買いに来る豆腐屋を知ってますが
まさにオンボロな豆腐屋
しかし、味ゎ超一流
ボロ過ぎてホントに直視できませなんだが
遠くから買いに来る人もたくさんいるみたい
今度買ってみるぬ

2008年
04月21日
05:34

ぬーぬ(・_・| さん。

妖怪の話になりますが、

私の故郷、岩手県二戸市には、金田一温泉というところに、座敷わらしがいます。正確にいうと、いたそうです。緑風荘という旅館です。たぶん、有名らしく、泊まるのは、かなり前から予約入れないとダメなくらい、泊まりに来る人たちがいるそうです。
座敷わらしは全国的に有名で、金田一温泉以外にも、各所にいる、あるいはいたらしいですが、
私の故郷には座敷わらしのほかに、もう1妖怪、かなり、全然有名でない、地元でも知らない人のほうが多い妖怪がいます。
馬渕川(マベチガワ)の川原にいるのですが、
「とうふばっちゃ」です。

川原で釣りとか、なにか遊びとかしていると、背後に「とうふばっちゃ」が立っていて、
「豆腐かねがー」と言います。
方言で、「豆腐、食べないかい?」のことです。

見たことありませんが、イメージとしては、どちらかというと砂かけばばあのような人が、素手で両手の上に豆腐を乗せていて、
「豆腐かねがー」と言うので、
「いや・・ いらないです・・」
とでも言おうものなら、

「なぬどー!」
と言って、豆腐を握りつぶして、投げつけながら追ってきます。
川原の土手を登りきると、いつのまにか、豆腐ばっちゃは消えているのです。

「なぬどー!」
といういうのは方言で、「何だとぉー!」のことです。


話、戻しますが、
豆腐、
骨董の世界のような趣もありますね。

話、
どっからかわかりませんが、さらに戻しますが、
豆腐、
大豆、きれいな水、丁寧な手、

皿に置かれた四角い豆腐。

・・・

人間って・・

って、そんな沈黙や思い、思います。



今度買ってみてぬ☆

: