クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2021年
06月12日
19:15

21キリストの聖体 21イエスのみ心・聖母のみ心 私は、「歌う」修道になるんだと思う。生活を営みながら。

6月5日(土)

築地教会、キリストの聖体、土曜日18:00御ミサ。

帰宅。

Zzz..。。

ーーーー
6月6日(日) キリストの聖体

小雨。

シントク図書館。
返却ポストに市川市立から借りていた1冊返却。

アレクサンダー・テクニーク
自分の感覚はあてにならない。

一種の関数、射影だよね。
吹いてる本人が聴いている音と、ちょっと離れた人が聴く音とは違う。

吹いてる本人にとって気になっている息もれシャーシャー音、ちょっと離れた人には全然聴こえてなかったりする。

構造上、息もれ音は出るべきもので、息もれ音、むしろ、すんごいぐらいのほうが、いい音が響いているのだ。

だから奏者はその射影を吹いている関数のようなもんだと思う。

フルートでは、シャーシャー音がしないように吹く綺麗な音を「近鳴りする音」と言っているようだ。
自分には鳴っているような気がしていても、遠くでは全然響いていないのだ

小雨時々微雨。

千石駅近く。つり具すがも。

もう、何年も前になるのか、初めてBansuri買ったときに、何に入れようか、探して、ここで買ったのだった。赤の。

青もあったと思う。

あった☆
竿袋(青)6×35、購入。440円。
値段も当時と同じだと思う。

雨。

帰宅

今までメインだったF bassを青の竿袋に。

※これで3本。G bass(黄緑)、F bass(青)、D bass(赤)。黄緑の竿袋はAmazonで買ったんだったと思う。

Zzz..。。

ーーーー
6月7日(月)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット

朝清掃パート

Emmaus11kmは、
フレーズを11回と、
11回目の途中で
バンスリのもう一個の穴、腿に当てて出す最低音を1音出して、いきなり的に終了でいいと思う。

11回じゃなくていいと思う。オチのタイミングってあるから。
短いくらいでいいと思う。

帰宅。

自転車。
ふなばし三番瀬海浜公園。Bansuri練習。

Newバンスリ、初練習。

難なく吹けたり、急に全然音出なくなったり。

長くなったから風量必要なのかも。と思ったり。

右腕、開き、
肩甲骨の柔らかさが必要だと思う。そうじゃないと常にムリな負荷で疲れると思う。

甲音も大高音も全然出せる。

指は右手薬指の距離が遠くなった。あとは、間隔、ほとんど同じ。むしろ前よりフィットしている感じ。

右手薬指だけがまだ不慣れ。届かないとかでは全然なくて、その際、笛の角度を変えてしまって音出なくなってしまったりしてる。



シンガー ・・
と思った。

姿勢、吹いてるときの視線、身体が
歌っている感じだ。。


甲音で吹くEmmaus11kmのフレーズが、前のバンスリによるオリジナルと、なんというか、感じが同じだ。

低音だと・・
これは違う。感じが。

なんだろ、感じ って。


あ、
鍵がない!

あった。つけたまんまだった。
自転車、鍵やり忘れてた。やはり、初めてのNewバンスリ練習でドキドキしていたんだね(^-^)。

帰宅。

Zzz..。。

ーーーー
6月8日(火)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット

詩めも:「シンガー」

聖書は
そういう意味では
読む もんだと思う。

歌う☆


朝清掃パート

観想修道会、等ってあるけれど、
私は、「歌う」が修める道になるんだと思う。生活を営みながら。
虫に似ているよね。カエルとか。

帰宅。

自転車。
ふなばし三番瀬海浜公園。Bansuri練習。

指がまだ、案外しょっぱなから吹けたから、不慣れでスラスラいかないのにスラスラいこうとしているので、ムリで、笛が傾いたりしているのでしょう。絶不調。音が全く出ない、全然おもしろくない時間が続く。

ゆっくりやるようにしたら音が戻ってきた。

明日からしばらくはゆっくりやるようにしよう。

帰宅。

詩めも、これでいいと思う。

新詩「シンガー」が出来た☆
※→別日記に。

Zzz..。。

ーーーー
6月9日(水)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット

「修道」は『中庸』の「天命之謂性 率性之謂道 修道之謂教」(天の命これを性といい、道を修めるこれを教えという)に由来します。この意味は「天はすべての人にそれぞれ個性を与えた。その個性を伸ばしていくのが人間の生きる道である」ということ。

詩めも:「明日」

ペアノの公理の逆
バランスの逆

なるほどの逆

詩の歌

リズムの

帰納の


朝清掃パート

楽器奏者、弦でも管でも、まず大切なのは「音」です。音が良くなければ何もできませんし、指なんか問題外です。音の勉強をすることは当然のことです。すべての人が音についてマスターするのであれば、こんなに素晴らしいことはありませんが、残念ながらそうはいかない。なぜならこれは各人の才能であって、勉強の成果による贈り物だからです。
(ジャン=ピエール・ランパル)

帰宅。

自転車。
ふなばし三番瀬海浜公園。Bansuri練習。

帰宅。

音楽 重力

Zzz..。。

ーーーー
6月10日(木)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット

うわ!
ケプラーってステキ。

ちゅうかっこ { }

1∈{1}
{1}∉{1}

1∈{1,{1}}
{1}∈{1,{1}}

朝清掃パート

飛行機とか新幹線とか、は鳥。
同じ飛ぶのでも
とんぼとか虫じゃない。

音楽も今あるようなのじゃなくて、
おなじ音を扱うのでも
ちょうちょのうな音楽がやりたいと思う。

クラゲもそうだよね。

江東図書館。

重力と力学的世界 上
ちくま学芸文庫
山本義隆

1冊借りた。

下のほうには、数式いっぱいで、テンソルとかベクトルの平行移動のことも書いてある。
今後、勉強。

帰宅。ポストになんか入ってる。マイナンバーカードののだ。

申請封筒送って、ある日、気がついたら、結構経っているよな。。と何度か思っていた、ののだ。

開封。うん。これを、私の指定されている交付場所である いちかわ情報プラザ に持っていけばいいんだね。

バリカン風呂。

時間的に・・
いけそうだな。済ませてしまおう。

自転車。いちかわ情報プラザ。

マイナンバーカード、Get。
写真が・・なんか、
未知との遭遇で最後に出てくる宇宙人みたい。

市川市立中央図書館。

行徳図書館で借りていた「数学ガール ゲーデルの不完全性定理」返して、
同じく「数学ガール ゲーデルの不完全性定理」借りた。

帰宅。

コーシーリーマンの方程式(関係式)

Zzz..。。

ーーーー
6月11日(金) イエスのみ心

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット

朝清掃パート

帰宅。多め睡眠。

Zzz..。。

ーーーー
6月12日(土) 聖母のみ心

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット

ティコ・ブラーエ
彼は重要な天文学者の中で望遠鏡を使用せず肉眼による天体観測を行った最後の人物である。

逆に言うと、
再発見する者にとっては最初のレジェンドだよね。 

つくづく、オクターブって不思議だよなあ。。
っていうか倍音。
音。

重力と力学的世界 上
山本義隆
ちくま学芸文庫

p34
わたくしたちの心の中には、対称性(シンメトリー)をある種の完全性と受け取る傾向がある。じっさいそれは、円が完全であるというギリシャ人の古い観念に似ている。惑星軌道が円でなく近似的にしか円でないということを信じるのは、どちらかといえば恐しいことであった。円であるということと近似的に円であるということの差は、小さな差ではない。それは、考え方に関するかぎり根底的な違いがある。円には完全性と対称性が顕れているが、円がわずかでも歪めば、途端に完全性と対称性はなくなってしまいう。・・・円という観点から問題を見れば、惑星の現実の運動がもしも完全な円だったならば、説明しなければならないことは何もないであろう。それはまったく単純なことである。しかし、じっさいには近似的にしか円でないのだから、説明すべきことが数多くあり、その結果は重要な動力学上の問題となる。
※↑、リチャード・ファインマンの言葉。

朝清掃パート

物差しも使う手仕事みたいに
コンピューターを使って

人間は視覚で発展してきたんだと思う。
指が十本だから10進法。

耳は
2進数的だと思う。
指が10本だったからみたいに、聴覚にはなんかしらないけどオクターブがある。

目は2次元に描いてきた。遠近法とか使うぐらい。文字も。

つまり、伝達手段を
2次元で扱うことにしている。
耳は

ということだ。

コンピューターと耳の相性はいいと思う。
コンピューターもオクターブも2進法。
2.4.8.16.32・・

広い意味での「言葉」が「次元」に縛りつけているんだと思う。「世界」。

マルコ16・15
全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。


オイクーメネー(οἰκουμένη)oikouménē
ギリシア語で「住んでいる土地」を意味する語。

キリスト教で用いられる語エキュメニカルも同語源。

帰宅。

Zzz..。。

3時間寝たかったけど、そうそう上手に眠れるものでもない。
でもちょっと寝た。1時間ちょっとはちゃんとした睡眠摂れたと思う。

7月の聖母マラソンに向けて、長時間ジョグをこなしておこうと思うのだ。

そっか、なるほど。オクターブって「周期」と関係あるんだ。リズム。

ストラヴィンスキー

ピッチの螺旋モデル

ピッチ空間

メロディ

築地教会、年間第11主日、土曜日18:00御ミサ。

神父様、説教、日本語、時々、何言ってんだかマジでわかんないときある。なにかの種をもらって植えたらしいんだけど、何度聞いても「ギョウザの種」にしか聞こえない。今日の福音、からし種のたとえの箇所だったから、ギョウザの種が成長してキュウリみたいにギョウザがたくさん実ってるとこ想像してしまっていたぞ。小皿持って行ってギョウザを摘んでポン酢で食べているとことか。

ジョグ。
※→次日記に。
: