クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2020年
09月26日
20:40

20年間第25主日 Bansuri、木のように、生えている植物のように、きのこのようにもかな、立てばいいのだわかった☆ 「Risusan」を書いていた頃を思い出した(^-^)。 耳はその点に含まれているものに、その点がどんどん小さくなっていくことでどんどん耳をすませていくことが出来るのかもしれない。

9月19日(土)

築地教会、年間第25主日、土曜日18:00御ミサ。

帰宅。

Zzz..。。

ーーーー
9月20日(日) 年間第25主日

今週はこれからしばらく横笛に没頭する日々にしていくためのスタートの強化週間にしよう思う。

ジョグ。
↓走行記録、コチラで見れます。
https://runkeeper.com/user/kuruminnsita/activity/16003493...

行徳図書館。

音のなんでも実験室
ブルーバックス

重力はなぜ生まれたのか
ブライアン・クレッグ著

2冊借りた。今現在、市川市立から計4冊。

帰宅。

Bansuri(横笛)は・・、
「香気」なんだな。。って思う。

時々雨。

「フルート 姿勢」で検索していろいろ読んだり観たり。

Zzz..。。

ーーーー
9月21日(祝・月)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

今日は有給休暇。

東西線から直通で総武線で吉祥寺。

井の頭公園の「グリーンアドベンチャー」で50本の木巡り。
だんだんに名前を覚えていきたいと思っているのと、イタヤカエデがわかりやすく生えてたらいいなと思いつつ。

木のように、生えている緑の植物のように、きのこのようにもかな、立てばいいのだわかった。

今まで思ったことなかったこと。
木は根が地面の下にすんごいわけで、この大木たちの林の地面の下、根がしっかりと、はりめぐらされていて、の上に土がかぶさっていて、見えるとこでは木の幹が伸びていて、の間のAir世界の、私は樹々たちのその足の甲の上を歩いているアリのようだよな(^-^)。と思った。

木のように、生えている植物のように、きのこのようにもかな、立てばいいのだわかった☆

この度の有給休暇連休、
横笛メインの日々へのスタートにっ!
が目標だった。早々にもだったけど、それは既に完了出来たね(^-^)

リスの小径のある自然文化園の開園時間までまだちょっとある。

吉祥寺教会。聖体訪問と聖母訪問。

Jack Wolfkin の店、まだあるかなぁ・・。。

あった☆
嬉しい(^-^)

スクーターでブーンと岩手から来て、練馬区の新聞販売店に住み込み従業員になって、スクーターで行ける最寄りの教会探して見つけたのが吉祥寺教会で、のすぐそばにあった店。そのウェストバックがすごく気に入って、給料入ったら買おう☆ と、
こっち来て初めての給料で買ったJack Wolfkinのウェストバック。
今はHottie用のウエストバックになっている。チャックがダメになっているのがむしろ幸い。立ってやるとき、入れてやると十二分にピッタリと安定して出来る。

井の頭自然文化園。
入園料400円。

まんべんなく散策終了後、いよいよ、
お目当ての「リスの小径」へ。

かなりの時間滞在。
今後、スマホのカメラでリスを動画や写真で撮っていこうと思っているので上手くなる必要がある。今後どうやったら上手くなっていけるかを見出せるように

と思っていたけど、やってみたら
さすがに私、運動神経抜群で勘もいいタイプだからか、既にかなり全然スムーズに追えてる。
足元を駆けていったリスをすかさずカメラで追って、あっち行って、ターンして、そっちまわってエサ箱に登っていって、そして食べているとこまで。一連の動画で撮れた。

けっこうな入園者数。いつもなんだろうか。連休中だからだよね、たぶん。
出る時、園の入り口、さらに長い行列、どこまでだろう、見えなくてわからないくらい。

年間パスポートは1600円。も考えている。動画撮影に本腰で取り組んでいくようになったら。

帰宅。

あ。そういえば、これを思ったな。。
開園時間9:30間際、行ってみたら既にかなりの行列。入り口ゲート、ステンドグラスで、絵柄はリスとか象とかカモシカとか、サンショウウオみたいなのとかカエルとか。教会には聖人のがあるけれど、
昔から感じていたけど、俺って・・やっぱ動物への召命あるよな。。と思った。
※ロマの8章

YouTubeでいろんな人が撮った「リスの小径」観まくり。

リスが食べているとこのアップとか、リスが止まっている状態での映像は、デカいレンズで撮った人のをお願いして使わせてもらうように等したほうがいいと思う。
動きは、私、たぶんかなり抜群にスムーズに追えて撮れる才能あるみたいだから、長所を生かすで。

コロナ問題で、緊急事態宣言発令の頃、以来、ニュース関係を文字でも動画でも観て観続けていることを改善しようと思う。時間がけっこうとられてしまっているから。

「NHKニュース防災」というアプリがあることを発見。インストールしてみた。
おお。。
まさに、欲しかったのコレ。必要最小限の重要ニュースと天気。

Zzz..。。

ーーーー
9月22日(祝・火)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

今日は有給休暇。

東西線から半蔵門線で「溝の口」。

神奈川県立東高根森林公園〜生田緑地
そして、岡本太郎美術館を散策しようと思うのだ。


すごくよかった(^-^)。

陣場山を思い出した。
折爪岳や、姫神山のふもとを彷彿とさせるところもあった。
「Risusan」を書いていた頃を思い出した(^-^)。

たぶんこれプラタナスの実☆、初めてゲットした。

岡本太郎美術館には入らなかった。500円だからと思って予算に入れてたけど、特別展期間中は常設展もセットということで一括900円からになっていた。ぶっちゃけ、800円弱しか持っていなかったのである。広場にあるデカいのは見た。

グリーンアドベンチャーもあってよかった。
今回のこの連休で以前に比べて、覚えつつある木の名前が増えてきている。
見ると、お、○○だ。と思えるようになった。
親しい木が増えた。

既に親しいナンキンハゼも、
科学なんだったか館だったかの入り口付近で発見した。ここにはプラネタリウムもあるみたい。

帰宅電車に乗る前に、
多摩区総合庁舎地下一階の多摩図書館にも行ってみて、
この辺関係の自然関係の本を散策。
出たとこにいい彫刻発見。階段登りかけて、やっぱ戻って写真撮っておいたくらい。

浮遊する水 - 実
1996
松田重仁

岡本太郎見ないで、でもこれ見れてよかったと思った。

もうちょい歩いて、多摩川越えして、
「和泉多摩川」で乗車。

調べた。松田重仁という彫刻家。

FMえどがわ「TOTO Navi探検隊」という番組のでのインタビューのもようを書いたのにこんなことが書かれている。
--
彫刻の宿命ともいえる重力から自由になり、
軽やかに空間に存在するものを造りたいという松田さん。
--
うん。そんな感じだ。とても有意義な有給休暇連休となった。今週はバンスリの「姿勢」に取り組もう。

帰宅。

植物 宇宙 無重力



「重力が地上環境で植物の成長と発達に果たす役割は、非常に解明が進んでいる。しかし、無重力環境に植物がどのように反応するかは、まだよくわかっていない」と、フロリダ大学の植物遺伝学者で研究共著者のアンナ・リサ・ポール(Anna-Lisa Paul)氏は話す。今回の研究により、「これまで重力が植物の細胞や器官に作用する結果と考えられてきた植物の成長上の特性が、実際には重力を必要としないことが」明らかになったという。

透明なペトリ皿の養分豊富なゲルの中で栽培された“宇宙の花”は、「ねじれ」を含む一般的な根の成長パターンを示した。ねじれとは、根が斜めに伸び広がっていく性質のことだ。

フルートと私のバンスリが長さが、
フルートが約65cm、私のが72cm。大雑把にはある程度は同じくらいだけど、
フルートって、重さ、どれくらいなのだろうか。
約400〜500g 。
けっこう重いよね。野菜ジュースぐらいじゃん。

私のバンスリ、bassF、約72cmは・・
約200g 。

画像検索「プラタナス 実」。
うん。プラタナスだね。

Zzz..。。

ーーーー
9月23日(水)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

定数

朝清掃パート

微雨。

帰宅。

固定姿勢バッチシ的じゃなく、
ダンシングフラワーみたいな感じかな。。と現時点では思う。
そこは、そして底は、植物に似ている。

耳ってなんなんだろう。
個人差、すごく気になる。検索「耳 形 個人差」。

ナーダ音

ヴィチトラ・ヴィーナ

ナーダ・ヨーガ

ああ、でも、連休中やっかいだった、けっこうちょくちょくあった「スズメバチ注意」地帯。近くを「ブーン」、2、3度あった。の音聴いてよかった。ナーダ・ヨーガ調べていて「蜂のような音」とかというの出てくる。

そのつもりは全然なかったけど、クルミンシタのやってることって、たぶん、インドとか、その本場の人たちにとって、ナーダ・ヨーガを連想させる。

片耳で、小さい、内の音 Hottie
バンスリのような音 バンスリ
遠くの鈴のような音 スピリットチャイム
雲(かみなり)の音 サンダードラム(スプリングドラム)
ブーンの音 電気ファンヒーター

ホイッスルトーンの練習。

雨。

Zzz..。。

ーーーー
9月24日(木)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

小雨。

朝清掃パート

あ。
蜂とかカナブンの音はukiuki十字架kiteの音だよね。ブーン音出てる。

ペングィンとイルカとかが体型似ていることと同じことなんだと思う。魚と。
同じ海なんだと思う。

聖母の。

小雨。

帰宅。ホイッスルトーンの練習。
この練習は超一流選手が素振り練習を最重要視していたことと同じような練習なんだと思う。落合がスローボールを打つ練習をしていたようなこととも。じつはとても難しい練習。
そして、アパートの部屋の中でも出来る練習(^-^)。ウィスパートーンとも言われている。テレビとかラジオとかが生活音だとすると、その音より実際、小さい音だと思う。

お。・・。。
なんか、新境地な感じ(^-^)。
こう、行ったことない、来たことない
ツングース地方とかに来た感じ。

コントロールだよね。かなり緻密になっていくコントロール。数字で言ったらさらにどんどん細かい数字になって世界が広がっていくよね。
と落ちていかないストレート。吹く息の直線の持続。腹圧による。

Zzz..。。

ーーーー
9月25日(金)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

雨。

詩めも:「チャーリー」

Happyの前身はサルビフィチ・ドローリス
ペングィンはイルカや泳ぐウミガメとフォルムが似ている

Happyの前身はサルビフィチ・ドローリス
HappyはHappyや歌うHappyとフォームが似ている

but, Happy is Happy
Happyに形容詞や副詞は要らない
先生も要らない
兄弟がいるから

Happyは姿勢を大事にしている
立っているのだから

その音楽はチャーリーによってコメディに分類される

I think・・
チャーリーはペングィンに似ている

朝清掃パート

小雨。

帰宅。

耳の練習になっているんだと思う。

Zzz..。。

ーーーー
9月26日(土)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

ラーガ ・ラリット(Raga Lalit)

詩めも:「耳もほじれば」

視力は数値化されたを点として、の集まりを見ていて、聴力は集まりを点で聴いて数学しようとしているのかもしれない。
だから目は既存なり新規のスケールで細かく切っていくことしか出来なくて、耳はその点に含まれているものに、その点がどんどん小さくなっていくことでどんどん耳をすませていくことが出来るのかもしれない。

朝清掃パート

英語詩の日々に向かいつつあるよね。アラビア語でを目指しているけど、数ヶ月では遠回りのようだけど数年ではそれが近道なんだろうね。

お。THライナー。

小雨。

帰宅。バリカン風呂。

小雨。

築地教会、年間第26主日、土曜日18:00御ミサ。

帰宅。

「ほじる」ってなんなんだろう。

耳をほじるの「ほじる」は英語で「pick」なんだねえ。。

詩めも:「P function」

Pick your ear's inside with this pick !
Pick the number's inside with this pick !
and Listen the sound with your eyes of your ears!
and Grab by your functor!

.

Zzz..。。
: