クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2020年
02月08日
15:10

20主の奉献 ドレミファ昇順音階的癖、外していこうと思う。 Hottieのピックは、あなたの日常普段着生活圏からのチョイスで☆ 過去日記の記載に探すことも出てくるようになった。結集、かき混ぜ、“生命ある”発酵をさせて、の先に出てくるものを目指しているんだろうと思う。 要は、本道の地道の足腰しっかりと、微動だにせず、着々と、実際は一歩一歩、バッチシ、真っ直ぐに。

2月2日(日) 主の奉献

今年は主の奉献の日が主日と重なりました。

六本木教会7:00御ミサ。

ジョグ。
↓走行記録、コチラで見れます。
https://runkeeper.com/user/kuruminnsita/activity/14455554...

小塚山公園でイヌシデの落ち枝Get。

でも、ジョグしながら、Hottieの柱枝、現・枝でいいのかなと思う。

そうしよう。

帰宅。

うん。これでいい。決定。

こうして見てみると、ぶっきらぼうな強さみたいのある。細身型の。
たぶん、これ、無意識に出てる個性みたいなもんだろうね。
「クルミンシタ」っぽい。佇まいが。

さて!
中に入れるロザリオの3玉を作ろう。
シュトルム公園林の3種の枝から作る。

桜と、たぶんドイツトウヒかなと、それ以外の。

出来た☆

バリカン風呂。

Zzz..。。

ーーーー
2月3日(月)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

調和数 
調和数列

朝清掃パート

調和数列とは
harmonic sequence または harmonic progression
各項の逆数が等差数列になる数列のこと。

調和級数
おお。。

おもしろくなってきました(^-^)w って感じだ。

ポテンシャル

帰宅。

調和(harmonic)の由来はドミソの振動数比が4:5:6の等差数列で,弦の長さの比はその逆数になる.
つまり弦の長さの比を調和数列にすると,振動数比が等差数列となる。

Hottieと横笛が似てると思ったの当然だよね。

Zzz..。。

ーーーー
2月4日(火)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

調和級数の発散
素数の逆数和も発散する
調和級数の収束判定

朝清掃パート

おお。。
アクシデント発生。
慌てるまでもなく、出来るだけスピーディーにあわてて、
助けも得て、
さらに助けも得て、


ありがとうございます。終了。
たぶんオッケー無事終了。

一体全体、逆数って何なんだろう。って思う。
弦一本との関係。
フォードの円・・

東陽図書館。

数学ガール

数学ガールの秘密ノート 数列の広場

2冊借りた。

帰宅。

1が連続した数同士(例:11111)を掛けると、1から連続的に増えてまた減っていく答え(123454321)になる。

1が連続した数同士を掛けると、その桁数まで増加して、その後1まで減少する数が答えになる。
11111×11111=123454321
111111111×111111111=12345678987654321

1が連続した数を9を割ると、1から順に余りまで連続した答えになる。
111÷9=12余り3
1111÷9=123余り4
11111÷9=1234余り5

9の割り算の暗算テクニックで使われる方法
1321÷9=abc余りd
...
aは、割られる数(1321)の一番左の数 → 1
bは、割られる数(1321)の一番左と二番目の数を足した数 → 1+3=4
cは、割られる数(1321)の一番左と二番目と三番目の数を足した数 → 1+3+2=6
dは、割られる数(1321)の一番左と二番目と三番目と四番目の数を足した数 → 1+3+2+1=7
...
1321÷9=146余り7

同様、このテクニックで1111もそう。

古代ギリシア人は 1 を数字と認めていませんでした。数は「集合」なので、一つしかない1は数字では無かったのです。よって、古代ギリシャでは、数字は2から始まっていました。

そして、

1 は素数ではない。

Zzz..。。

ーーーー
2月5日(水)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

朝清掃パート

昨日の件、さらに好転していた。
お騒がせとご迷惑おかけいたしました。が結果高得点。
アベさん伝説がまた一つ加えられた感じだ。
一件、落着(^-^)。

ところで1って何なんだろう。

Hottieで言ったら、弦、どこも押さえないで、
弦一本全部でが1 。
0は・・
それが可能であればだけど、弦の最先端を押さえて、弾ければ0だよね。簡単に言ってムリだけど。


でも、1って0.9999・・とイコール。
※たとえじゃなくてちゃんとした数学、正真正銘、イコール。
ほんとかな・・って思うけど。
弦で考えると、そうかな、って感じもする。
0はどうなんだろう。

帰宅。

1からじゃなく、0からやるようにしたらなんかの感じわかってくるんじゃないかとHottieでやってみる。

先週の日記に書いたと思うけど、ネット閲覧していてのからのコピペ、

じゃなくて先々週だね。クセナキスのからのコピペだ。
。。。
『音楽と建築』ヤニス・クセナキス 高橋悠治・編訳 河出書房新社

p34
「ギリシアの音階は現在のように上昇せず下降した」

p35
4度は一弦琴の3/4という比、または(オクターブを72として)30平均律単位で表される。

いわゆる「ギリシア」時代とか文化とか芸術、
べつに嗜好的には好きなわけではむしろ全然ないくらいだけど、「ギリシア」出てくるとパウロのこの箇所思い出す。

使徒17:22-
パウロは、アレオパゴスの真ん中に立って言った。「アテネの皆さん、あらゆる点においてあなたがたが信仰のあつい方であることを、わたしは認めます。
道を歩きながら、あなたがたが拝むいろいろなものを見ていると、『知られざる神に』と刻まれている祭壇さえ見つけたからです。それで、あなたがたが知らずに拝んでいるもの、それをわたしはお知らせしましょう。
世界とその中の万物とを造られた神が、その方です。この神は天地の主ですから、手で造った神殿などにはお住みになりません。
また、何か足りないことでもあるかのように、人の手によって仕えてもらう必要もありません。すべての人に命と息と、その他すべてのものを与えてくださるのは、この神だからです。
神は、一人の人からすべての民族を造り出して、地上の至るところに住まわせ、季節を決め、彼らの居住地の境界をお決めになりました。
これは、人に神を求めさせるためであり、また、彼らが探し求めさえすれば、神を見いだすことができるようにということなのです。実際、神はわたしたち一人一人から遠く離れてはおられません。
皆さんのうちのある詩人たちも、/『我らは神の中に生き、動き、存在する』/『我らもその子孫である』と、/言っているとおりです。


うん。Hottie、
下から上じゃなく、基本、上から下への傾向でテキトーに奏でるようにしてみると、

なるほど、
「ドレミファ」、の昇順の感じが当たり前のように身についてしまっているんだなあということがわからされた。
この数世紀的癖、外さないといけないなと思う。さいわい、もともとオンチだし。

Zzz..。。

ーーーー
2月6日(木)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

内川選手(横浜→現・ソフトバンク)がやっている、バットを交互に8の字みたいに振るティーバッティングしている動画思い出した。

弦の先っぽのこっち側を、ゲートボールで球をコン!って打つみたいに打ったらそれが 0
なんじゃないだろうか。

朝清掃パート

なんて言うんだろう、あれは・・

「衝突球」とか「ニュートンのゆりかご」とか「バランスボール」とか「カチカチボール」と言うのか。

帰宅。

ニュートンのゆりかご、1とか0のこと、位置、動、エネルギー、などなど、などなど、調べて、
ずーっと考えていて

Zzz..。。

一度起きたときも考えていて、しばらく調べたりもして

Zzz..。。

ーーーー
2月7日(金)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

朝清掃パート

読んだり調べたりしてるより考えている時間のほうが多くなってきたよね。

所用。

あはw

ひさしぶりに歩いたここ、街路樹、プラタナス通りじゃん。
ここは・・
入院前の夜清掃パート
&退院後の夜清掃パート、
のどっちもだ。
朝との定期との関係で定期代浮かせるために茅場町から東京駅直結ビルまでの距離を毎日歩いていた。
結構長期間歩いてたわけだ、この道。
プラタナスの木を何気に無意識に目に入れながら歩いていたんだねえ。。
今、Hottieのピックがこれになってるの頷ける。

私、結構、The東京なここらへん、身についてる日常的な生活圏なんだよね。
Hottieのピックはプラタナスの枝!と決まりがあるわけじゃなくて、クルミンシタの場合はプラタナス。

Hottieのピックは、
あなたの日常普段着生活圏からのチョイスで☆

帰宅。

Zzz..。。

ーーーー
2月8日(土)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

『数学ガールの秘密のノート 数列の広場』
p26
階差数列

階差数列は数列を調べるいい方法

p26-30
階差数列の階差数列・・→定数列
→0からなる定数列

その問題を以前に見たことはないか。あるいは、その問題をちょっと違う形で見たことはないか。
ー George Polya

朝清掃パート

『数学ガールの秘密のノート 数列の広場』
p69 ミルカ
「《部分和を作ること》と《階差数列を作ること』はちょうど逆。最初の項がずれるけれど」

p70 テトラ
「あたしたちは音符を時間順に聞いていきます。ちょうど数列の項を一つ一つ見ていくように。でも音楽全体は、その時点までに聞いた音符の記憶全体として把握します」

帰宅。

来週は、土曜日に「いちかわ街かど美術展」に「HottieとHappy」を搬入する日。をピークに。
展示時に紹介文で「よろしクルミンシタ☆」と記載されるわけだから、可能性としては検索「クルミンシタ」あるだろうから、
来週度は「クルミンシタ」ネット上諸々の整理整頓、シンプル、パワーアップ化だね。

昨年は、読書等、知的情報収集、把握、がほとんどだったけど、2020を迎春してからは、一人で考えている時間のほうが多くなっている。これ特徴だと思う。
深く考えていたい時は耳栓したほうがベストなのかなと思い始めているくらい、気が散ると深考の連続が遮られてしまうんだよな・・
の傾向も出てきた。

頭の中で図形とか線とかを移動させたり等、動かしたりとか、
いわゆる、思考実験、
稚魚程度にしか出来てないけど、の基礎体力作りにも励んでいる感ある。

東京マラソン2010を機に走れる身体が鍛錬されたみたいに、今は脳の鍛錬、未知の脳力の日々になってきている。

日記、書きっぱなしだったけど、最近は、
何気に拾ったドングリを、後で部屋で、あ、お! 
おお・・
という感じで、過去日記に書いてあるのを読み返してまとめて
理解が深まったりもしながら、
セットみたいに、前進の糧にするようになってし始めている日々になってきているのかも
って思い始めてき始めてもいる。

日記、読み返すこと稀だったから、これ、2020になったくらいからの大きな変化。

結集、かき混ぜ、“生命ある”発酵をさせて、の先に出てくるものを目指しているんだろうと思う。

あと、

ネットでコピペしたの日記にペーストしたの、本人、過去日記になったとき、自分で考えた文章なのかコピペなのか、時間経つと判別出来なくなってしまうかもだから、典拠先、長期的にはリンク切れの可能性はあるにしても、怠らず記載していこうと、心がけていこうと思う。リンク切れになったとしてもコピペだったということは後で判別出来るわけだから。

等! 

って感じかな。
いろいろと、公私、ネット、等、過渡期だよね。
波がいろいろ立って諸所でいろいろ動いているのは現象としてあるだろうけど、

要は、本道の地道の足腰しっかりと、微動だにせず、着々と、実際は一歩一歩、バッチシ、真っ直ぐに。

バリカン風呂。

結局のところ、

マタイ6:22
体のともし火は目である。目が澄んでいれば、あなたの全身が明るい

だろうと思う。

でしかないと思う。

歩んで行くものだから。

Zzz..。。
: