クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2020年
01月11日
15:12

20主の公現 Hottie、「空間の隙間」へ。 ファレイ数列 フォードの円 隣り合う3つの整数の積は6の倍数。 ヨハネス・ケプラー著「宇宙の調和」を読み始める。

1月5日(日) 主の公現

六本木教会7:00御ミサ。

ジョグ。
↓走行記録、コチラで見れます。
https://runkeeper.com/user/kuruminnsita/activity/14337522...

帰宅。

Hottie、
イタヤカエデピックの使い方が、
叩くでもなく、弾くでもなく、菜箸で卵を溶くときみたいになってきた。
野球のバットの使い方に似ている。
切っているというか、掬っているというか、当てているというか。

Hottie、
音、たぶんまったく近所部屋迷惑になっていない。
部屋の中で素振りの練習しているようなもの。

Zzz..。。

ーーーー
1月6日(月)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

朝清掃パート

帰宅。

海に入ったときの聴覚の感じ、というようなことで言うと、Hottie、「空間の隙間」に入っていく感じある。
隙間にというか、隙間からというか。

Zzz..。。

ーーーー
1月7日(火)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

朝清掃パート

Hottie演奏音と、自然の森、野鳥の声の音を編集アプリで重ねてみた。

うん。オッケーだよね。音量のバランス調整のみ必要。十分和う。

帰宅。

バリカン風呂。

Zzz..。。

ーーーー
1月8日(水)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

小雨。

フォードの円

朝清掃パート

大雨。

ファレイ数列

引き込み現象
シュターン=ブロコ木

非線形

アトラクター

帰宅。

隣り合う3つの整数の積は6の倍数。

Zzz..。。

ーーーー
1月9日(木)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

出勤時がてら、図書館の返却ポストに借りていた5冊返した。

隣り合う整数の積は2の倍数。
隣り合う3つ整数の積は3の倍数。

隣り合う3つの整数の積は、3の倍数であり、さらに2の倍数でもあるので、6の倍数。

連続するn個の整数の積はn!の倍数である。

連続する3つの整数の和は真ん中の数の3倍に等しい。

つまり・・
6は2の倍数でもあるし3の倍数でもある。
そして・・

朝清掃パート

やっぱ、Hottieって、潜水艦だよね。

子どもの時、「宇宙」っていう図鑑の2色刷りの星の大きさを描いた見開き2ページの絵にとほうもなく驚いて見続けていたものだったけど、今回の「フォードの円」もその経験に似ている。どっちも円だけの絵だ。
「宇宙」のは太陽が小さい円で描いてあって、アンタレスとかペテルギウスとか、どんどん大きな円になっていく。ミラなんかになるともはや大きすぎてそのページに全然入りきらないぐらい。円周の一部だけが描かれている。それから想像される大きさにとほうのなさを感じた。

宇宙船でペテルギウスとかアンタレスに行くことはないだろうけど、Hottie、「内部」には行ける☆かもね。

行徳図書館。

数学ガールの秘密ノート 行列の描くもの
数学ガールの秘密ノート 数列の広場
数学ガールの秘密ノート 整数で遊ぼう

3冊借りた。

帰宅。

Zzz..。。

ーーーー
1月10日(金)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

朝清掃パート

考えていることメモ:

行列と因数分解と
aかつb と aあるいはb ということのこと
ということでのゼロ行列って、など。

帰宅。

ボトルネック「الآن」の文字がかなり擦り減ってきているので上書きした。

Zzz..。。

ーーーー
1月11日(土)

適時随時、ロザリオ一環。
いつくしみのチャプレット。

ケプラーに興味が。

朝清掃パート

「宇宙の調和」ヨハネス・ケプラー著

目次を読んだだけでも読んでみたくなるぐらい。
私の借りられる図書館では・・
亀戸図書館にだけある。

ジョグ。
↓走行記録、コチラで見れます。
https://runkeeper.com/user/kuruminnsita/activity/14362557...

あった。

宇宙の調和
ヨハネス・ケプラー著 岸本良彦.訳
工作舎


1冊借りた。

帰宅。

うわ、すげえ、この本、定価10000円。

机テーブルの上に置いてみてのウキウキ感がなんか、子どもの頃の「コロコロコミック」買ってきて、なんか、トマジュースとか、大好きなジュース飲みながら大長編ドラえもんを緊張感あるぐらいにワクワク読んでた頃の感じ思い出す。ぷちっとまさにそんな感じ。
なんか厚さがちょうどそんな感じなのだ。コロコロコミックを、こう、もうちょっと延棒で縦に伸ばした感じ。で、をハードカバーに立派丈夫に装丁した感じ。

なんか、ページ内のレイアウト的なのも、ステキな本作りへの心持ちありを感じさせられる感じで、編集社のステキな仕事振りも感じさせられる。
工作舎。たしか、ライプニッツの全集も出してるよね。需要微妙タイプの。

を読み始めながら次週度突入。

Zzz..。。
: