クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2008年
03月13日
18:06

履歴プレート

後々の憂いにし続けてもいけないので、これがないといいのにな・・ と思いつつも、4200円の出費。
岩手からブーンと走って大活躍したスクーター。もともと中古のを使いまくったから、かれこれ、壊れてから、かなり置きっぱ。退社にあたり、ちゃんと処分していこうと思い、
よくトラックで回って電化製品とか、バイク、スクーターとかを回収している人に持っていってもらおうと、声をかけてみたこともありましたが、中古でも、古いタイプすぎるので、ダメでした。
結局、今日、店で使っているバイク屋さんに持っていって引き取ってもらいました。
ナンバーを外してもらって、これは、市川にも持っていきます。
税金とかもストップするように、それは、岩手の市役所に連絡とかしてみないといけません。
今のスクーター。練馬ナンバーだから、市川にいったら、市川ナンバーにしようかな。。
船橋とかになっちゃうのだろうか・・
市川だから、市川がいいな。。

履歴書。
34才にもなってくると、書くの面倒臭さのほうほ感じてしまい、字とか、集中力の持続の欠如が現れるのですが、

もし、今後、そういういことしなければならない場面があるとしたら、
もちろん、ちゃんとした履歴書も持参しておきますが、
机に、二戸、練馬、市川、のナンバープレート並べて、
「ブーン!ブーン!ブーン!です☆」
とかやったらどうなんでしょう。
そのほうが、ほんとっぽいし、
履歴書、そんなにそんなに、だからなんなのさ、当事者、相手、それもほんとのところだと思うのです。
もちろん、資格は、求めている職種によっては必要ですが。

「ブーン、ブーン、ブーンです。ブーン(^O^)/」

思えば、私、底辺的な仕事ばかりで、元気です☆
今日!

コメント

2008年
03月13日
20:36

1: -

> ブーン、ブーン、ブーン

て事は、ず~っと新聞配達ですか?
すげえ!朝の弱い私には真似できません…あせあせ(飛び散る汗)

2008年
03月13日
21:49

U-9さん。

今度、4月から行く市川の販売店は、微妙です。朝というより、深夜です。
今、練馬区の販売店ですが、トラックで新聞が店に到着するのが、だいたい2時50分。市川は、1時半だそうです。睡眠のための時間をどこにするかが微妙です。なれれば、今度はアルバイトの身ですし、必ずしも1時半に行かなくてもいい感じの仕事ではありますが。

収入的には、朝刊の配達だけで、家賃、光熱費、マイスクーターの多めのガソリン代、食費、洗濯、電話、ネット、コンタクト、パブロン
足ります。これだけであれば、朝刊配達、2~3時間だけで十分な、思えば、時給の高い仕事ではあります。

これだけではないので、必要に応じて、いろいろ他にもアルバイトをやっていくと思います。が、これだけでも、衣食住は可能な、不思議といえば不思議な仕事です。


もし、結婚を考えることがあれば、郵便配達員か、ゴミ収集員になりたいです。ゴミ収集員は昔から憧れの職業です。

今は、寝袋をどうするかとか考えています。

市川の部屋、台所と6畳ですが、台所が、十分、衣食住に足りそうな、4畳はあると思います。いろいろあるので、すぐにではないのですが、母も住むことになります。6畳を母にあげます。
私はもともと、市川行きは、屋内ダンボーラーのつもりで行くことにしていたので、寝るのは、寝袋でもいいんです。

もしかしたら、あえて、なのかもしれませんが、寝袋にします。

市川での生活は、イエズスと歩く道行です。

2008年
03月13日
21:56

う~ん・・
やっぱ、布団かな・・。


寝袋で始めよう。

2008年
03月14日
09:11

4: -

> 深夜

!!!!!

頭が下がります。
下手なお笑い芸人の一ヶ月一万円生活よりも迫真に迫るというか…。
寝袋ですか…。疲れがちゃんととれるのか心配です。

更に気になるのは、

> 6畳を母に

お母さんと同居ですか…。
お母さんと布団を並べて一緒に寝るのはだめなんでしょうか?

何かしら事情があるんでしょうか…。

とにかく、日々の労働の疲れが癒されつつ、生活の必要が満たされ、そして守られますようにお祈りします。
主よ、どうか、クルミンシタさんとお母さんを守って下さい。
イエス様の御名によって、アーメン。

2008年
03月14日
13:28

U-9さん。

はい。
母と一つの部屋で寝るのもいいですね。
新聞配達を仕事にすると、普通に言ったら、時間割りが、母の睡眠妨害になっちゃいます。
が、考えすぎかもしれません。
母と一つの部屋で寝るのがいいですね。
故・シュトルム神父の木彫りを中心に、家庭祭壇みたいなのも、やはり、母の部屋になる部屋に置くことになりますし。

寝袋。
布団も、そんなにそんなに高くないですね。
はい。疲れが取れないんじゃないかと思いました。手足が伸ばせないですからね。
布団のほうがいいと思いました。

でも、始めは、自分に対するテクニックみたいなものとして、
なんというか、虫ケラである自分を、どうであれ新生活で浮かれるであろう状態で、忘れてしまわないように、あえて、そういうことを自分に強調しておきたいとは思っています。
の気持ちで、布団にするかもしれません。
6000円ちょいで買えるスーパーもあることはわかっています。

2008年
03月14日
13:28

母が本格的に来るのは早くても5月になってからだと思います。

今、思案中なのは、リサイクルショップで、わりと小さめの、二層式ではなくて、ちゃんと一層式の洗濯機が、これまた6000円ちょいで売っていました。こういうのを、買えるかどうか。買ったら、生活的にはラク。しかし、経済というか、
買えないこと、なくもないのであるが・・なので思案中です。

ナスタチウム(花です)が欲しいです。200円くらいで売っていると思いますが、
実家で母としょっちゅう庭いじりしていたときに、私、物置につるして、伸ばしまくっていたりした、葉っぱが丸いやつです。
ナスタチウム、たまに、まあまあ売っていますが、なんか、ちょっと、葉っぱが丸くないのが売っています。もっと丸いのが欲しいです。

庭はないですが、一回で、なんというか、L字状の角部屋ですので、じゃっかん、花を、鉢で寄せ植えとか、出来そうです。窓に物干しもあるし、
不動産屋に、
「部屋の前に、なんか、物干し用の、コンクリートの土台ついているのがあるんですが、あれはどうなるんですか。そのままですか?」
そのままということでした。前住んでいた人がそのままにしていって、そのまま、
ドア前に、ポストと、表札(「SoranosiTap’s」)と、鳥の巣と、花をかけることの出来る、コンクリートが土台の、いろいろかけることの出来る鉄棒になりそうです。
明るい感じにしないと、ゲゲゲの鬼太郎の妖怪ポストみたいになってしまいそうですが。

母には、
なんというか、本来の自分を取り戻して欲しいですね。

窓ガラスは、モミジの模様が入っている、古いタイプのものですが、厚くてよかったです。母は寒さに弱いので、(私もですが)、退職金が、たぶん6月に入ると思いますので、その時に、冬対策をちゃんとしたいと思います。

洗濯機。
そうそう、今、目をつけているやつみたいなの、市川に行ってから探しても、あるとは限りませんので、買ってしまって持っていくのも手かもしれません。
あっち行ってみて、その残りの所持金で、布団なり、寝袋なり、考えてもいいかもしれません。
今の、退職する職場の給料が、4月10日に入ります。など、
4月は、スクーター代の確保を大事にして、母と妹のコーポで衣食住する日のほうが多い予定です。


お祈りありがとうございます。

2008年
03月14日
13:31

ちょっと思ったのですが、
私って、ローン、考えないんですね・・。

いいじゃん☆

2008年
03月14日
14:08

といいつつ、引越し、本格的にはしたことなかったから、思ったよりお金かかってます。なんにも買えないかもしれません。ガソリン代を確保しないと致命的です。行ってしまうのが大事です。なにかが足りないのは経済的に当然。楽しみましょう。

2008年
03月14日
15:03

9: -

> 時間割りが、母の睡眠妨害

ああ、それでなのですね。
クルミンシタさん、本当に優しいなぁ。

私もそれくらい、母を愛し優しくしてあげられてたらと後悔しきりです。
でも、きっと今は天国で私の事を見守ってくれていると信じてます。
o(^-^)

2008年
03月14日
15:05

10: -

> ローン、考えない

堅実的でいいと思います。
うちなんか、足りない分、カード支払いに回したりしてるから火の車です。

ローンとか、考えないで済むなら確かに”いいじゃん☆”ですよ。

2008年
03月14日
22:53

母はリンゴが好きです。私も好きですが、母ほどではありませんでした。
今年くらいからです。すごくデリシャスで、水分があって、たぶん、栄養があることを感じるようになりました。
母は墓にはリンゴがあればいいとか言うくらいです。
祖母はコーヒーです。豚肉もです。ヤマザキの菓子パンと。
父は、もともと早死にの傾向のある家系ですが、酒で死んだようなとこあります。

引越しのやりくりをここ3ヶ月くらいで、入居時費用を揃えていたりしたわけですが、その最中、祖母の何周忌(←、字、これでよかったか・・)かで、一家単位でお金が足りなくて、私も、悲しくなるくらいなけなしの身を削るがごとく、3万!

ぐえっ! でした。

墓ってなんなのさ・・。。

金額どうのこうのもいいたいけど、

コーヒーでいいじゃん!
コーヒー牛乳でもいいじゃん。

母はリンゴが好きです。さいわい、そこらへんにいます。

私は・・

そこらへんで死んだ場合、二万円をサイフに入れておけば、市かなにか、処理してくれるのの費用額になることを知っています。


今、34才ですが、34才! 地味にもデカい点でした。
深刻な話ではないですが、死にむかって生きています。

叔父の死がデカかったかもしれません。
神父さんの死、祖母の死、すごく悲しかったですが、叔父の死んだとき、
ずいぶんたくさん死んでいることに気付きました。
心の底のほうで、親しい人たちが、生きている人より、死んだ人のほうが多いと感じたのでした。
考えつづけたわけではありませんが、底で感じたようです。

U-9さん。

み~んな、天国行くといいですよね。会えるし。

だから、というかなんというか、
ちゃんと生きるのら!

2008年
03月15日
02:54

12: -

> ちゃんと生きてるのら!


そうなのら!アーメンわーい(嬉しい顔)


…余談ですが、お母さんとリンゴのお話を読んでるうちに、何故か涙が滲んできてしまいました。

クルミンシタさんの日記は、いずれも愛とリアルに溢れていて、私はみんな好きなのですが、

とりわけ、クルミンシタさんがお母さんとの事を描写されてる時がものすごく、好きです。

非常に濃密な愛、温かな愛を感じますわーい(嬉しい顔)黒ハート

: