トクトル

<< 2011年10月 >>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

トクトルさんの日記

(Web全体に公開)

2011年
10月28日
21:43

一粒の麦から

私の近所に、一羽の小鳩がいた。

その日は、いい天気で日曜日の礼拝に行く途中の道で、その小鳩は、地面の下で、

ヨチヨチとぎこちなく歩いているのをみて、どうしたのか?とおもっているてと、そこに一羽のカラス

がいて、その小鳩をつつき、食べようとしていました。

私はすぐ小鳩をたすけてあげましたが、その時におもったのは、どうしたらいいのかと言うこと

でしたが、その鳩の事を警察に相談したところ、動物愛護の団体に渡してくださりました。

 その後、礼拝には、2~3分位遅れましたが間に合いましたが、私自身のいや、この世の

主・イエス様を信じていない、人達の姿を、小鳩に見たような気持ちになったのは、不思議な

体験でした。

さて、今日は、主・イエス様にいのり、賀川 豊彦さんの書いた、一粒の麦から導きを頂いた。

この小説は、丁度、満州事変前後のお話です。

主人公の嘉吉は、そんな時代に生まれた。

彼の父は、酒のみで、子供6人あったが、家にいるのは、弟、妹だけで、兄姉は、娼妓や、奉公

にだされ、主人公の嘉吉も、丸八商店に預けられていた。

そんな環境で育ったものだから、嘉吉は、無口な青年に育ったようだ。

そして遊郭に通い、嘉吉は道を踏み外していつた。

そんな嘉吉が、お金ほしさに、5円の金を盗み、何もかも嫌になり、父危篤と嘘をつき、丸八商店から

逃げ、北設楽郡 の下津具(愛知県)に着き、父と母と、弟泰次 妹百合子との生活が始まる。

父が大酒飲みで酒ばかり飲み、弟も奇病にかかり、父も中風になる。

母は、忍耐強く、またしっかり者であったようですが、彼らの生活は、極貧状態でした。

しかし、養蚕の仕事や嘉吉が頂いた、水車の又さんの仕事をもらったり、鍛冶屋での仕事を頂いたり

しながら、細々何とか生活をする。

水車小屋での仕事をしていた時、犬や猿を飼う不思議な仙人のような人に出会う、前は、大阪の造船業を

営んでたのだそうだが、堕落した生活を送っていたのだそうだ。

そのためなのか?、 彼は事業に失敗し、多くの銀行に迷惑をかけた後悔していたのだそうだ。

今では、猿回しの仕事をしているようであるが、栗を豚に食べさせたり、植林の事にも詳しかったり、

嘉吉にとってまさに、何でも幅広く知っている仙人のような人だったようだ。

また、教会の村野先生たちとの生活の中で、嘉吉は、以前5円のお金を持ち逃げしたことに罪の意識が芽生える。

 また弟や父、または姉達が娼妓で働くようになっている事さえも、自分の神への行いの悪さからこのような悲惨が

起きたのではないかと反省し神に変えられ、ついには、5円を返します。

そして、キリストを信じ、ハンセン病の人を看病したり、酒を飲まないような禁酒運動や土地利用組合などを発足したり、また、立体農業
などを推奨し、キリスト教の犠牲の精神と愛の精神をかたっていく。

 彼は、段々と神様に変られて行く一方、弟の泰次の死、姉の死、兄の処刑また、将来結婚を誓った、芳江の死

を経験する。

芳江は、嘉吉が、徴兵され、中国に渡り、戦地にいるあいだ、嘉吉の家族のために献身的に毎朝早朝におき、

いつも嘉吉の家の機織木は、回り続けた、泰次の世話をし、病にかかり、勘之助のいじめに耐えつつ、嘉吉

がしたがっていた山での植林も欠かさずし、嘉吉とまた会う事なく死んでいった。

誰が新聞で出してくれるわけでもなく自ら進んで、前科者の集合している一族に奉仕する事を誓い、地位も名誉も

もない山村の青年を選んで、自らを捧げた芳江、 一日4時間した眠らず、人の父の為に二週間も徹夜で看病し、

雪の中で、手にひびを切らせながらも機を織りつづけ、30円あまりの金を姑に捧げるこの精神は、賀川のいっている

下座奉仕の姿勢、犠牲献身の精神を物語っています。

賀川は、愛に依る蹂躙の話の中で、こう言っています。

宇宙に満つる大きな人格は、その本質にもって愛である。 宇宙の本質である苦痛にも喜んで私達の罪に耐えしのんで

くださった宇宙全体に現れている。

それが、主・イエス様の十字架であるのだと。

芳江が、何の報償もなく耐え忍べたのは、嘉吉への愛、神様への愛であったのであろうと思う。

ヨ12:24 はっきり言っておく。 一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。

だが、死ねば多くの実をむすぶ。これは、主・イエス様が死んだあと、復活し、聖霊を与えると言う

約束の事を話されているのですが、弁護者の聖霊は、言葉として、霊として私もふくめ、信じる人

とともに宿る。

 しかしそれには、主・イエス様の十字架による精神、犠牲の精神献身奉仕の必要性

を、今日主・イエス様に賀川 豊彦さんが書いた物語から教わった。

主・イエス様の十字架の愛で私達は救われています。
: