トクトル

<< 2011年8月 >>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

トクトルさんの日記

(Web全体に公開)

2011年
08月22日
22:16

パラオのフランチェスコ

7月から8月、2~3日前までは、35℃くらいの酷暑が続いていた。

そんな中でも、私の近所の商店街では、祭りで、浴衣姿の人達が、踊りや、太鼓を叩いて、

暑さを力にしているようにさえ見えた。

 

 さて、今日は、主・イエス様に祈り、パオラのフランチェスコのことについて書かせてもらった。

  彼がうまれる前は、第一、第二、第三、十字軍エルサレム奪還などによる、トルコや、

エジプトのアイユーブ朝などと争いがあり、世は混沌していた。



十字軍により、聖地回復したことなどもあり、13世紀初め、インノケンティウス3世の時教皇権

は、絶頂に達した。

 

 しかし、たびたびの十字軍の失敗などにより、教皇の権威はゆらぎ初めていた。

フランチェスコが生まれた頃、教会は衰微しており、イギリスのウィクリフ、フス、などがカトリック

の教義が聖書から離れていると糾弾したほど、教会は腐敗をしていたそんな中、フランチェスコ

は活躍する。

 彼は、1416年、イタリア・カラブリアのパラオでうまれる。

彼の名の由来は、アッシジの聖フランチェスコの名をとって名づけられた。

 その名のように、彼は、隠修士となる決意をしたのは、14歳の時だったそうです。

普通の子であれば、まだ、あらゆる快楽や楽しみなどに好奇心旺盛な時期に彼は、

神を信じ、愛する道を選ぶ。

 そのきっかけは、両親と同行したローマ、モンテ・カッシーノ、そしてアッシジへの巡礼の旅が

きっかけであったといいます。



その後彼は故郷のパオラ付近の洞窟で、一人暮らしをはじめたのだそうだが、不思議と彼の

質素堅実な生き方に賛同した人たちにより後に、教会兼住居を建て、かれらは、友人と2人

で暮らし始める。



そして1436年彼らの教会は、コゼンツァの大司教から認可をうけるほどにまで、成長した。

さらに1474年には、今度はローマ教皇シクストゥス4世からフランチェスコの修道会を、ミニモ修道会として、承認された。

彼の評判は、イタリア国外にまで知れ渡り、フランスルイ11世が病気のことで相談にきました。

そしてルイ11世の死後王位継承者の摂政、アンヌ・ド・フランス、と彼女の息子シャルル8世

に指示された。

彼がここまで支持されてきたのには、彼の人としてのカリスマや、人望が厚かったためでもある

が、私は、当時の腐敗した教会のあり方にも負けずに自らの宗規を完成させ、主・イエス様に

仕えた、彼の善性に、主・イエス様のかおりを感じたからこそ、人が彼のもとにあつまったのだと思う。



私がこの人の人生を見て思う事は、彼は、心の医者として生きた人なのだと思った。

なぜならば、ルイ11世は病気の事でかれに相談をしていたから私はそう感じました。

パオラのフランチェコは、きっと真理によって、人の魂を主・イエス様の十字架に向けさせ、魂の

真の解放に務めた方なのではないかと思います。

ヨハネ8:31 イエスは、御自分を信じたユダヤ人に言われた。 「私の言葉にとどまるならば、

あなた達は本当に私の弟子である。 あなた達は真理を知り、真理はあなた達を自由にする。」

では、真理にとどまるとはどういうことなのでしょうか?

その答えは、ヨハネ11:25~にあります。

イエスは言われた。「私は復活であり、命である。私を信じるものは、死んでもいきる。 生きてい

て私を信じる者は誰も、決して死ぬことはない。」

主・イエス様を信じるということ自体が真理の道であり、永遠の命の道です。

そして、信じる人は、天国へ入れます。
: