クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2008年
02月24日
21:15

08四旬節第3主日

今日はたっぷり寝ました。
朝刊配達。ZZzz。。.. パスタ(カレー。カツ。マヨネーズ(昨日の。おとといの。いつもの。))。ZZzz。。..夕方6時の四谷の御ミサ。ご飯(納豆)。

神父さまの説教で「おにぎりの会」の話がちょっとありました。土曜日にやっているそうです。今日の聖書朗読とからめたお話でした。
モーセの、岩から水が出てくる箇所です。
イスラエルの人たちは飢え乾いて、怒ったり、不平不満、主を試す、そんな場面です。

空腹という経験があるわけです。そんなとき、どうなのか?

というお話だったと思います。
おにぎりを日比谷公園で配って、二人くらい、なんというか、感謝を口にする人がいるそうです。
みんなから感謝感激されるというわけではないんです。黙っていってしまう人もいます。

飢え乾くとき、主に・・
であるのかどうなのか?

SoranosiTap’sめも:

おにぎりを配るのと同じ。
歌で言うと、「聖霊来たり給え」。

SoranosiTap’sの断食は、
施しは、
自分も常食としている米を、惜しまずおにぎりにして配るようなもの。

生きた水が流れるということ。

祈りからであるということ。

行ってきます!
と言うことは、御聖体の前であるということ。


ZZzz。。..

コメント

2008年
02月24日
21:29

今日の福音朗読
 
ヨハネによる福音書 4章5~42節

それで、ヤコブがその子ヨセフに与えた土地の近くにある、
シカルというサマリアの町に来られた。

そこにはヤコブの井戸があった。
イエスは旅に疲れて、そのまま井戸のそばに座っておられた。
正午ごろのことである。

サマリアの女が水をくみに来た。
イエスは、「水を飲ませてください」と言われた。

弟子たちは食べ物を買うために町に行っていた。

すると、サマリアの女は、「ユダヤ人のあなたがサマリアの女のわたしに、
どうして水を飲ませてほしいと頼むのですか」と言った。
ユダヤ人はサマリア人とは交際しないからである。

イエスは答えて言われた。
「もしあなたが、神の賜物を知っており、
また、『水を飲ませてください』と言ったのがだれであるか知っていたならば、
あなたの方からその人に頼み、
その人はあなたに生きた水を与えたことであろう。」

女は言った。
「主よ、あなたはくむ物をお持ちでないし、井戸は深いのです。
どこからその生きた水を手にお入れになるのですか。

あなたは、わたしたちの父ヤコブよりも偉いのですか。
ヤコブがこの井戸をわたしたちに与え、
彼自身も、その子供や家畜も、この井戸から水を飲んだのです。」

イエスは答えて言われた。
「この水を飲む者はだれでもまた渇く。

しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。
わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」

女は言った。
「主よ、渇くことがないように、
また、ここにくみに来なくてもいいように、その水をください。」

イエスが、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい」と言われると、

女は答えて、「わたしには夫はいません」と言った。
イエスは言われた。「『夫はいません』とは、まさにそのとおりだ。

あなたには五人の夫がいたが、今連れ添っているのは夫ではない。
あなたは、ありのままを言ったわけだ。」

女は言った。「主よ、あなたは預言者だとお見受けします。

わたしどもの先祖はこの山で礼拝しましたが、
あなたがたは、礼拝すべき場所はエルサレムにあると言っています。」

2008年
02月24日
21:29

イエスは言われた。「婦人よ、わたしを信じなさい。
あなたがたが、この山でもエルサレムでもない所で、父を礼拝する時が来る。

あなたがたは知らないものを礼拝しているが、
わたしたちは知っているものを礼拝している。
救いはユダヤ人から来るからだ。

しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。
今がその時である。
なぜなら、父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ。

神は霊である。
だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。」

女が言った。
「わたしは、キリストと呼ばれるメシアが来られることは知っています。
その方が来られるとき、わたしたちに一切のことを知らせてくださいます。」

イエスは言われた。
「それは、あなたと話をしているこのわたしである。」

ちょうどそのとき、弟子たちが帰って来て、
イエスが女の人と話をしておられるのに驚いた。
しかし、「何か御用ですか」とか、
「何をこの人と話しておられるのですか」と言う者はいなかった。

女は、水がめをそこに置いたまま町に行き、人々に言った。

「さあ、見に来てください。
わたしが行ったことをすべて、言い当てた人がいます。
もしかしたら、この方がメシアかもしれません。」

人々は町を出て、イエスのもとへやって来た。

その間に、弟子たちが「ラビ、食事をどうぞ」と勧めると、

イエスは、「わたしにはあなたがたの知らない食べ物がある」と言われた。

弟子たちは、「だれかが食べ物を持って来たのだろうか」と互いに言った。

イエスは言われた。
「わたしの食べ物とは、わたしをお遣わしになった方の御心を行い、
その業を成し遂げることである。

あなたがたは、『刈り入れまでまだ四か月もある』と言っているではないか。
わたしは言っておく。
目を上げて畑を見るがよい。色づいて刈り入れを待っている。既に、

刈り入れる人は報酬を受け、永遠の命に至る実を集めている。
こうして、種を蒔く人も刈る人も、共に喜ぶのである。

そこで、『一人が種を蒔き、別の人が刈り入れる』ということわざのとおりになる。

あなたがたが自分では労苦しなかったものを刈り入れるために、
わたしはあなたがたを遣わした。
他の人々が労苦し、あなたがたはその労苦の実りにあずかっている。」

さて、その町の多くのサマリア人は、
「この方が、わたしの行ったことをすべて言い当てました」と
証言した女の言葉によって、イエスを信じた。

そこで、このサマリア人たちはイエスのもとにやって来て、
自分たちのところにとどまるようにと頼んだ。
イエスは、二日間そこに滞在された。

そして、更に多くの人々が、イエスの言葉を聞いて信じた。

彼らは女に言った。
「わたしたちが信じるのは、もうあなたが話してくれたからではない。
わたしたちは自分で聞いて、
この方が本当に世の救い主であると分かったからです。」


2008年
02月24日
23:34

3: -

はじめてコメントをかきます。

井戸のそばでサマリア人の女性にイエス様が話しをするシーンの絵(プリント)が、私の家のトイレにはってあります。

イエス様が与えてくださる水は渇くことがない。
私はすぐに自分を見失い、神様を見失うけれど、イエス様は私を忘れず、命をあたえてくださるんですよね。

日記を拝見すると、よく眠れたようで。
眠りも神様からいただく健康への恵みです。はい。

2008年
02月25日
18:35

ミヤンさん。

わからないことだらけ。
神である主の・・






「幼子のようでなければ」

昨日から、なんとなくずっと考えていて、
今はそれを思います。

2008年
02月25日
18:38

5: -

人は自分の気に入らないことがあったらすぐ不平をもらしてしまう。(特に私なんかそうです)って結構私はおもいます。勝手かもしれませんが・・・。

おにぎりの事も、すぐに責めたりできないです。これからは自分はどうだろ?と考えてからものを言わなければ(^_^;)

2008年
02月25日
18:45

神さまが好きで
愛していて
信頼していて

愛である主がいて
アホである私がいて

主よ・・

~・・→平和の祈り♪

****
作曲できたらと、
いつか、できたら、作曲予定。

2008年
02月25日
19:05

きーたちゃんさん。

私、宣教もしたいですが、

宣教も、賛美も、感謝も、正直も、素直も、それを、なんというか、面(おもて)に出すときも、

赤裸々な、ウルウルした、明るい、告白のようなものなのではないかと、
今、そんなこと思いました。

主は賛美せられますように。

: