jack

<< 2008年2月 >>

12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829

jackさんの日記

(Web全体に公開)

2008年
02月10日
00:34

自分にお疲れ様

明日は教会の執事会。私はこれでしばらくはお休み。


13年間執事をおおせつかり、そのうち10年会計を任されてきた。いわゆる『金庫番』。

最後の2年、去年とおととしと続いて赤字繰越になってしまったのが残念。会社なら引責辞任てことになるのでは?と思いながらも去年1年がんばったがダメだった。

...といったって、営業マンじゃないので節約と献金を呼びかけて、会計ソフトで収支を見るだけしかできないのが歯がゆい。なんとか積立金から借り入れてやりくりしているが、教会員の高齢化が進んでおり返せる見込みがない。


10年分の引継ぎ資料をまとめつつ、ただ、祈る。

コメント

2008年
02月10日
02:20

1: -

実際の支出の許可は、役員会が出すのですよね?
すると、引責辞任の線は無いのではないかと思います。

なんにしても、13年間、お疲れ様でした。

2008年
02月10日
07:25

お疲れ様でした。
教会員の高齢化、他人事ではありません。
私達の、教会もCSや学生会の人数が年々減少しています。
地域の子供たちより教会員の子息の割合が多いのですが、その人数も谷間に来ています。
教会財政にも将来響きそうです。
私も、今執事と役員を兼任していますが、今のところはまだ赤字は出ていませんが、そうなることも想定しつつ、神様の導きに従っていきたいと思います。jackさんに神様の労いと祝福がありますように!

2008年
02月14日
16:11

3: jack

三ノ三さん、よい地さん、こんにちは


支出の許可はもちろん役員会です。小額であれば牧師の独断で支出することもありますが、チリも積もれば...なんですよね、実際は。

引責を言う人はもちろんいないですが、私の気分的には自分で自分を責めざるを得ないというか。こうなる前にもっと何かできなかったか、と。


教会員の家庭の経済が祝福され、信仰的にも迷わず捧げられるような状況であれば何の心配も要らないんでしょうけど、そうでないのが数字から見えてしまっています。教会の勢いがなくなっている事実...

「若くてガンガン捧げてくれそうな人をもっと連れてこないと」なんてカルトまがいの発言も飛び出す役員会ってorz

: