クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2010年
05月04日
22:20

緑に祈る

5月2日

1o復活節第5主日

麹町10時御ミサ、
桜井神父。

※過去日記において、かなり多回、桜井神父のことを平林神父と書いていたことを告白するとともに、すみません、申しわけありませんでした。
桜井神父でした。

一回しかない人生

説教でそう言うことの多い神父様です。

一回しかない人生

なんのために生まれてきたか
愛するためです。

今日の説教は、こういうススメでした。
三日坊主でいい
イエズスに、
わたしは愛するために生まれました。
と言って(祈って)みてください。

なんというか、心がいい気持ちになるそうです。

そんな気がする。
そうしよう☆

三日坊主でもいい。人間なんてそんなもんです。また思いだしたりしてとか言っていた。
うん☆

そしてだんだんそうなっていくのです。



今日は手話もある御ミサでした。

♪すーくーいのっ
 いーずーみからっ
 みーずーぅをー
 くーぅむーー


水をくむのとこ☆!
木彫りを作りたいと思った。

※以前にも形は違うけど思ったことあり。

ーーーーーー
ーーーーーー
5月3日

麹町7時御ミサ、
見たことない神父さま。
最近、列福された、イエズス会の、司祭になって半年くらいで亡くなった人のことを話してくれた。イエズスのみ心の信心を広めることに熱心だった。

帰宅。
在住、千葉県行徳駅前、10時出発。自転車で、太平洋に。
千葉県、
市川と船橋以外、ほぼ未知の世界。
日没までに房総半島最南端の有名な犬吠埼に行こうと思っていた。途中で、それは犬吠埼でなく、(なんだっけ・・)なんだか岬なのだ。
標識にhuppu岬という岬の名前が頻繁で、そこに行き、海沿いになんだか岬に行くぜ作戦とする。有名なtateyamaの文字も頻繁。mapを見るとtateyamaのほうに行っちゃえば方向あってるじゃん、行ってみよう、

huppu岬のあたりで夕日と富士山を見た。
tateyamaは夜になっていた。
そこからなんだか岬に向かう道のりはすっかり夜道。

着いたの22時。

12時間かかった。
自転車こいでなかった時間はせいぜい30分前後。

とにかく坂道だった。しんどいほうの。

22時に着き、しばらく散策。
夜の海、波の音。

寝るとこ発見。子ども用のすべり台のような洞窟まんじゅうみやいなの。夜風を防げればヤッケカッパでくるんで寝れるのだ。

12時間もかかるとは・・。

日の出を見ようと思い、検索。4時40分くらい。4時4分にアラームセット。

23時35分、就寝。

ーーーーーー
ーーーーーー
5月4日

1時半くらいに起きた。
また寝ようとしたが眠れなかった。結構、寝た感あった。

12時間・・

起きたとき、
やっぱ御ミサ行こうと思っていた。

12時間以上で逆算してみて、
日の出を見ている時間はなかった。
3時出発。

行徳到着、14時。
11時間。

ひげ剃りetc


麹町18時御ミサ、
オチョア神父。

説教、
緑に祈りましょう。

何キロくらい走ったのでしょう。250キロくらいでしょう。

ほっとんど坂道でした。
ぶっちゃけシンドかったです。

意味ないようなあるような。

緑に感謝。

神に感謝。

讃美。
.

コメント

2010年
05月05日
04:16

250キロって、すごいですねふらふら
僕にとってはふと思い立って出れる距離ではありません。

ところでカトリック教会って毎日ミサやってるんですね。何だか羨ましいなあ。

2010年
05月05日
21:38

ごま和えさん。

ネットで大阪の教会を調べてみました。
阿倍野と玉造が大きい教会のようです。玉造はカテドラルです。カテドラルというのは司教様がいるとこのことです。
平日、朝の7時にやっているようです。
大きい教会は平日も御ミサやってる場合が多いです。
ネットで調べがつかないくらい小さそうな教会でもやっている場合はあります。
二戸教会がそうでした。
シュトルム神父帰天以来、神父不在の教会になり、月に二回、第2、4日曜日だったと思いますが、盛岡から神父様が来て、ということになっています。こういう教会のことを巡回教会といいます。
当時は毎日朝6時半からやっていました。6時の時期もありますた。私が農場手伝いの仕事をしていたときです。ときに数人になることもありましたが、毎日は神父さんとトコちゃん(賄い婦)と私の3人でした。
テーブルでやっていました。
二戸教会はマキストーブで、冬は零下ですが、いちいち付けたりしないでやっていました。
今は麹町教会があるおかげで毎日あずかれて(参加して)が出来ています。麹町教会に感謝しています。麹町教会は7、12、18時にあります。
漢字で書きたいくらい、ありがとうございます。
ほんとに。

私も、毎日やってること知りませんでした。教会に行くようになって、日曜日、欠かさず御ミサに行き、そういう一週間、次第に、
当時、私、自然には親しんでいましたが、大雑把に言うとヒキコモリ、あるいは元気のないチンピラで、教会のみが頼りの一線でしたので、一週間はとほうもなく、

なんで日曜日にしかないんだろう・・
水曜日とかにもあればいいのに・・

とか思っていたものです。ギリギリで一週間生きていたのです。
トコちゃんだったと思います。毎日やってることを教えてくれて、
え・・☆!

それからというもの、
大雑把に言うと毎日です。

本来、
じゃないと死にそになる私だからだと思います。

感謝しています。
感謝します。
ありがとうございます。


ネットのマップで、
これが20kmだから・・
で出したテキトーな数字です。
帰りは常に千葉(千葉市)の標識がありましたので、メインの最短コースで走れたと思います。千葉までいけば、あとは船橋、あとはビューンです。
でも行きは、農道みたいなとことか、高速沿いが上がったり下がったりとか、振り返ってみると、あきらかにkisarazuのほうに行ったということは・・戻ったりしてたってことじゃん、など、どこ走ったかよくわからないです。そして、坂、坂、坂です。
実感としては、
時間にしても、250というのは少なめの数字です。
tateyamaのあたりで、もう夜で、まだ結構ありそうで、
思えば遠くに来たもんだ・・。。と思いました。

ごま和えさん。私の若草ロザリオン、チェーンがすぐ外れるんです、めっちゃ・・
20回は外れたと思います。
これは多めな数字です。でも、10回以上です。
でも、すぐ付きます。

こういうことの全盛期、岩手にいた頃の、100kmくらい走って、岩手山行って、登って、100kmくらい走って帰ってくる、の時だと思っていましたが、
もしかしたら、今のほうです。終了後の疲れ具合もです。
東京出てきて、新聞屋、ハードだったけど、そして東京マラソンの練習もしたからだなと思いました。


今、イベント的に目指しているのは6月いつだったか締め切りのコメディー短編映画です。

草に主を感じまくったロードでした。

詩人的には、
「5月」
というのも、それだけで季語になるんじゃないかと思いました。

どちらかというと、あとで思い出したりするんだろうな・・な一日でした。長文書いてますが、ぶっちゃけ今は思い出す思考がないくらいです。
とにかく坂、坂、坂でした。
鳥は早起きでした。
草。
5月。

坂。。








シンドかったーーーー☆!

2010年
05月06日
01:19

>>2 クルミンシタさん
僕はプロテスタントですので「礼拝」ですが、クルミンシタさんと同じです。最低でも毎週日曜日礼拝にあづからないと精神的に窒息してしまいます。死にそうになります。

うちの近所では無いんですよ、毎日礼拝をしている教会が。毎日どころか日曜日に2回の所が精一杯です。

月火水木金土と潜水して、日にプハッと息継ぎ、そしてまた潜水という毎日です。

ロザリオン号、チェーンが伸びているのでは無いでしょうか。自転車屋さんでつめてもらうと良いと思います。

2010年
05月06日
21:13

ごま和えさん。

「チェーンが伸びている」
考えたこともない、
なるほど・・ そういうこともあるのかもしれない・・
初めて知った言葉、知識、現象でした。
ありがとうございます。

私、自転車屋、今、今まで生きてきて一番近いとこに住んでいます。

気が乗ったらタイミング逸せず行ってみます。

なんか、チェーン伸びちゃってるみたいで、
つめてもらえませんか?

かっこいいです。
たぶん。

ちょっと緊張するのです。


「潜水」すごくよくわかります。

傲慢からでなく、正直そのまんま思ったのは、
昔、そうだったな・・
です。

では今は、
と考えてみると、

御ミサ、最後、「行きましょう。主の平和のうちに。」「神に感謝。」です。そして行きます。

という感じです。

愛したいです。
しかもイエズスが愛したように愛したいです。

最近、
こういうこと考えたり思ったりすると泣きそうになります。

イエズスはなんていつも一緒にいてくれるんだろうと思います。

ごま和えさんは私の日記に長いこと以前から書き込みしてくださっていて、
ほんとに感謝しています。

2010年
05月06日
21:29

でも、
考えてみたら、
毎日行けてるからだと思いました。

お仕事、
ご苦労さまです、ごま和えさん。

2010年
05月07日
02:28

6: -

250km!
すごいですね!
私も自転車・初号機を走らせて、5日は美術館にいきましたほっとした顔

2010年
05月07日
07:32

>>5 クルミンシタさん
大阪の教会調べて下さってありがとうございます。お礼遅くてすみません。

玉造はちょっと遠いです。
僕は高槻に住んでいますので、カトリック教会なら高山右近のカトリック高槻教会ですね。

息子は4月から高槻教会と同じ敷地にあるマリアインマクラダ幼稚園に通ってます。



ここでのお付き合い、もう何年になるでしょうか。こちらこそ感謝してます。

勝手に主が与えて下さった友だと思ってます。これからもよろしくです。


日記読ませてもらっていつも思います。

アッシジのフランシスコ

今は市川のフランシスコですね



長文で失礼しました。

2010年
05月07日
21:46

海さん。

美術館とかに行って実物みないとわからないのってありますよね。
私、「大和絵」というのを見たとき、うわっ・ と思いました。
線が。スパッとさが。
写真だと、全然、そんなの興味なかったです。

自転車は、今回、走行中、
自転車作った人に、これ作った人、偉いよな・・ と思ったとき瞬間ありました。
ぶっちゃけ、坂の距離すさまじで、シンドかったのですが楽しかったのです。

夜はカエルの合唱すごかったです。

今のところ、
坂が一番の思い出です。

絵日記描くなら・・

そう考えると、いろいろあったな。。
です。

私、岩手にいた頃、二戸→八戸は2時間。二戸→盛岡は4時間だったんです。だいたい、40km、80kmです。
それから考えると、

坂ーーーーーー!!!

でした。

いい思い出です。

2010年
05月07日
22:09

ごま和えさん。

高槻、
私だけではないと思うのですが、カトリック信者、うらやましい人多いと思います。
個人的に、高槻!
有名な地名です。

息子さん、
の幼稚園。
そこの聖母像のとこにしゃがんじゃうくらい
恐縮ですが、私もお祈りさせていただきたいです。

私はごま和えさんを思うとヨセフを思うこと多いです。

聖人や天国はコップに水がたっぷりで嬉しくて、溢れているくらいの人というふうにたとえることあります。
コップの大きさはそれぞれですが、たっぷりで溢れていて嬉しいです。

聖母は海といわれます。


「友」と言っていただき、とっても嬉しかったです。

: