クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2008年
01月27日
23:44

うん・・ うむ。 鳥☆

今日の主日は東京カテドラル関口教会であづかりました。
朝の8時の御ミサでした。
四谷の10時に間に合うようにスクーターで、朝刊配達後、ちょっとしてから出発。
四谷。そして千葉県市川のスケジュールでした。
テキトーにまず池袋。得意な目白通りで四谷。
でも、途中、お、あ、
考えてみたら関口教会も通り道です。
入ったらピッタリンコで8時の御ミサ。

説教は、ガリラヤで伝道したり、弟子を招いたりしたことを、今もしているということでした。

御言葉おみくじも、えいっ!


聞くのに早く、話すのに遅く、また怒るのに遅いようにしなさい。み言葉を行う人になりなさい。
(ヤコブの手紙1章19、22節)

うん・・ うむ!

画像、コンビ二にいた、犬かネコなみの鳥です。ずっと、犬かネコなみに話すことが出来るくらい、なんというか、なつっこかったです。

写真は、
これ以上の距離はさすがにテケテケしていっちゃう距離でした。

ここのコンビニで、もはや間近の母のいる妹の部屋に、そっこから先が詰めるのが結構難しいものですから、コンビ二のお兄さんに聞いて、コーヒー買って、さすがにタバコ1本吸って、母のところにいったのでした。
体、寒くてブルブルでした。スクーターで走りまくるのには、やはりまだ十二分に冬です。
ひと段落ついて、気が抜けたのか、気付いたら、めっちゃ寒いのでした。すると体もブルブルしだすのでした。

うん・・ うん・・ うん。 うむ。 おい、鳥。 お前。 うん・・ うむ。 うん。 うん。 離陸たいへんだよな。 うん。 うむ。 鳥。

とかです。

コメント

2008年
01月27日
23:57

母に、「男だな・・」
といわれた、電光石火、部屋と仕事先を決めてきました。
部屋に入るのには審査というのがあるんですね。知りませんでした。
それが通れが決まるという意味で、キメてきました。

このドアでほとんどどんな部屋かわかりそうな部屋と、朝刊配達を相場より高い給料でアルバイトする、これ、お前、前、レストランかなんかだったろ! の新聞販売店です。

詳細、明日以降書き込みます。

みなさん、アドバイスお願いします!

決めてはいますが。ではありますがですが。

入居時って、あんまりなんにも思ってなかった以上に、お金、必要なんですね☆

なんにも持っていくなっ!

って、叱咤激励されているかの如しです。

審査、とおらなかったりの可能性、あるにはありますが、それも、どっかでは考えておきますが、あとは、やりくりです。

出来ない数字でないところが、

乾布摩擦のようです。

2008年
01月28日
00:08

これで決めたいです。
お祈りお願い致します!

2008年
01月28日
08:20

主の平安
はい、クルミンシタさんのお住まいと職場が、神様の御心にかなうようになりますよう、新しい職場と住まいで、主の御栄光を表すことができますように、お祈りしますね。
・・それにしても、玄関、私の部屋に、にている・・・。
冬、寒いから、部屋着、暖かいものあります?
ガウン、厚手の靴下、腹巻、股引。光熱費の節約にもつながりますから、
あれば、活用してくださいね。
 私のアパート、軽量鉄骨造で、2階建てなんですけど、以前の寮に比べて、底冷えがするんですよ。床にござ、カーペットや保温効果のある敷物を敷いたり、バスマット、トイレマットもきちんと敷いているんですが、真冬は、冷えますね。自分が思うより、冷えているようで、体調にも如実に現れました。さすがにこれでは体調を崩す、と思い、ホットカーペットを使うようになって、だいぶ温まりました。湯たんぽやカイロでもいいと思います。(こたつだと、掃除に動くのが面倒になるので、使っていません。)
 インフルエンザ、かかる人、意外といます。流行、というほどではないのかもしれませんが、よく見かけます。暖かくしてお過ごしくださいませ。

2008年
01月28日
21:20

たらさん。

ありがとうございます。主の平和。平安。
サラーム。

アラビア語のサラームは、日本語に訳をみつけるなら、和むとかの、「和」が近いと言っている講演を、アラビア語の学校できいたことがあります。

お金の計算とやりくりになってきています。
依然として、引越しできるかどうかの、審査というものの存在があり、
それは、4月入りなら、まだ時期早々すぎて、2月中旬くらいまで待ってくれということと、その後、一週間くらいで、でも、早めになるようにしますのでと言ってくれてはいますが(不動産屋の人)、スケジュール的に言うと、その時点で確実に決まってほしいところです。そのあと動くのは、簡単に言うと、かなりのめんどくささを感じます。

ドンブリよりはちゃんとした計算をしてみて、お金のやりくりにメドをつけました。ドンブリじゃないので、計算結果に余裕の幅があもありありません。

これからの生活的には、定期代と、電話代と、じゃっかんのパスタ代と、ネット代と、引越し費用設定額(レンタ軽トラック、ガソリン代)10000円。のみにしか、入居時費用のお金を確保するためには使ってはいけません。コンタクトは買ってはいけません。タバコも。なんと、コーヒーも、買わないほうが無難。簡単に言うと、支払いのお金以外、パスタのみです。ぶっちゃけ、1000円です。
なんにも買わない数ヶ月が始まりました。

それでも計算がギリギリすぎるので、
ある意味、おもしろいほどにピッタリンコなのですが、

一応、同僚に、その時点で20000円余裕があるように、
使わないかもしれないし、4月10日にすぐ返しますが、
2月、10000円
3月、10000円

私のサイフに貯金していただく話はつけてあります。
4月10日に、金利のカツ丼をつけて返します。

つづく。

2008年
01月28日
21:53

はい。

じつを言うと、ちょっと体調がよくないのでした。

大事にすごします。

2008年
01月29日
06:52

もうすぐ春ですが、寒い冬のこと、夏になる前に、今、冬ですので、今のうちに考えておいたほうがいいかもしれないですね。夏になると、冬のこと考えても、長袖着とけばいいやくらいのテンションになってしまってますので。

部屋の中身をどうするか、考えるの楽しいです。
ドアに「SoranosiTap‘s」の表札みたいなジャミールンなのつけるのと、部屋には聖水をまくことも、私もじつは当初から考えていました。あまり、そういうことしないほうで、でも、この度は、そういうこと考えていましたから、そういうつもりでの生活なんだと思います。

カーテンレールあったっけかな・・
と考えているうちにシュトルム神父のこと思い出しました。なにかにつけて思い出す、私の人生のなにかですね☆

二戸教会のカーテンレールは手作りです。木の棒と、木の輪っかです。シュトルム神父が作りました。木の棒は簡単だとして、木の輪っか。枝を煮て曲げて輪にしてあります。そんなに簡単なことではありません。シュトルム神父は清貧に生きた人でしたが、清貧、楽しんでやってたんじゃないのぉ~ って、その輪っかを作っていたりしているとこ思い描くと、そう思います。

冬のこと考えると、発明家のように楽しいです。

木をふんだんに取り入れた部屋にすることを大筋で決定しています。

寝るのも大事、じつは人生の大半。ということを考えると、これから引っ越す部屋を修室と心得ます。

持っていくものは、マリア・ワルトルタの本の中で、ヨセフがエジプトに行くとき、大工道具をロバに乗っける場面が印象に残っていて、
木彫り道具、ある程度まで大工道具になりますので、それをメインに持っていきます。
木材はあっちに行ってから調達します。

部屋に「絶えざる聖母」の御絵を、いいところに置きます。あるいは、貼ります。

実家に置いてきてしまっているシュトルム神父からもっらた木彫りを兄に送ってもらいます。現在、ここにあるのは、洗礼のときにもらった、聖母子(イエズズ、御胎内)だけです。(東京に、スクーターでブーーンと出てきたもので)。

あと、十字架のイエズスと、守護の天使と、ダニエルと(あなたはダニエルのようですと言われたことがあります)、悲しみの聖母です。
悲しみの聖母は、最後にもらった木彫りです。悲惨な、もしくは悲壮な、それでも両手を広げている、たぶん人類に、赤い石が胸に埋め込まれている、血のような木彫りです。
もともとは、あるピアニストが洗礼を受けるときのために彫られた木彫りでしたが、
あまりにも悲惨な、もしくは悲壮な、血のような木彫りになりましたので、
新受洗者には、なんというか、ちょっとすさまじすぎる木彫りでしたので、私にくれたのでした。
悲しみの聖母。

つづく。

2008年
01月29日
18:02

不動産屋さんに部屋を見せてもらって、帰りすがら、
「ボロくていいですね☆」
と言ってた私でした。
ポストもナイス。
こんなポストがある部屋は、つまり、リフォームをしていないから安いのです。1970年代築の、まんまです。
風呂は、・・亀飼おうかな・・ それだとロッキーすぎる・・
(ロッキーの亀はカフとリンクという名前です。次、言うときは違う名前だったりしているというプチギャグ付きでもあります)。
今、ロッキーで、観たいとしたら、2です。そんな感じです。
台所。
場合によっては、そこに寝れますので、一人しか住めない部屋ではありません。
トイレ。
トイレ。
洗濯機。
設置場所、室内にあります。
ガス。
ガス台を買えばつなげます。
窓。路地をはさんでお向かいさんの、これもアパートかなんかです。
畳。
「お☆ ふにゃふにゃする」
「畳は新しいのにします」
と不動産屋さんは言っていましたが、当方としてはこだわりません。
6畳です。押入れもあります。ドラえもんはいませんでした。
スクーターは、置く場所、あるといえばあり、ないといえばないです。あります。
ベランダはないですが、窓の外になんちょなく数10センチの柵みたいにはなっています。物干し竿、あったかなかったか、とにかく、設置出来るようにはなっています。
鉄とかは錆びています。階段もです。
二階の部屋ということで見にいきましたが、実際は下にも空きはあります。
ネットとかに載せるには、やはり二階とかで載せたほうがいいんだろうなと思いました。
ネットをつなげれれるかどうかは、大家さんや工事業者と応相談です。

寝るところは、なるべく早く、ベットにしたいです。パイプのでも、自作のでもいいです。なんとなくそのイメージです。修道会とかの修室のイメージが出来ちゃっているのかもしれません。畳がふにゃふにゃしているのも助長して。

「SoranosiTap’s」の文字は、青です。空色。

今、寮の私の部屋には冷蔵庫があります。前、住んでいて、いきなりいなくなった人が置いていくしかなかった冷蔵庫です。これを持ち出せるかが、結構デカイ計算上の一つになっています。

「退職金、やっぱ出ないんですか・・ 。冷蔵庫、持っていちゃっていいですか。もし、その人、とりにきたら、そのときはまた持ってきますんで。。」

つづく。

: