こなさんの日記

(Web全体に公開)

2008年
01月24日
18:56

使徒の働き

毎週水曜日はバイブルスタディーをしています。
祈祷会というのが正しいのでしょうか・・・。

わたしたちの教会では
水曜日は賛美してバイブルスタディーの時間を持って、お祈りをして、お茶の時間を持っておわりです。

昨日は使徒の働きのところでした。

神様はすべてをご存知ですから、うそいつわりなく、どこを切ってもおんなじようなわたしたちでありましょうね。という牧師先生のことば。

わたしは牧師先生がだいすきです。
父との関係があまりうまくない私。
牧師先生が自分の父だったらとおもうことがあります。

でも神様はきっとそれを喜ばないのかな。
自分の父をまず敬わなければならないのではないかな。
それよりも、その前に神様を求めなければならないのではないかな。

アメリカから来た先生はもう少ししたらアメリカに帰り、代わりの牧師さんがくるようだけど、そんなの嫌です神様。

でも。。。
神様の御心のままに。


「神の国と神の義をまず求めなさい そうすればみな与えられる ハレルヤ」

コメント

2008年
01月25日
00:35

お父さんとの関係は何となくわかりますよ。
僕も母親がうっとしいなぁ・・と思うことしばしば。
そのたびにだめだなぁと思います。
でも、神様に祈って委ねてみると、自分が変えられ
愛せるようになると信じます。
人の気持ちってなかなか変えられないけど、まず自分が
変わることを、愛せるように変えられることを祈ったら
いいと思います。
これは僕自身もそうなんですけどね。

2008年
01月26日
20:49

2: こな

ノエルさん。
そうですね。
私自身がなんというか・・拒否してるところがあって、
悪いところばっかり見てしまうんですね。
そんな私が変えられますように、主よ、いやしてください。

牧師さんもやっぱり
「帰るところはその家族しかないんですよ」
といってます。
主にゆだねます。みこころのままに。

: