robinmama

<< 2008年1月 >>

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

robinmamaさんの日記

(Web全体に公開)

2008年
01月24日
09:30

お祈りください。

1月も24日となってしまいました。
時の流れは本当に早い。

2008年の初めての日記です。
今年もみなさま、よろしくお願い致します。

私の母についてお祈りして頂きたく母のことをこの日記に書いています。

私の母は84歳になり、昨年要介護2級と診断されましたが、相変わらず
1人で暮らしています。
実の息子がつい最近母の近くに引っ越して来ましたが、母の暮らしは
孤独のままで誰も訪れる様子はありません。

その母が昨日気になる事を電話口で言ったのです。
「私、今日とても怖かったわ。 
 急に今自分の要る場所はいったい誰の家なのか解らなくなったの。
 亡くなった私のおばあさんの家はどうしたのかしら?
 おばあさんの家の鍵を探さなくてはと思ったの。
 でも、よ~~~~く考えたら解ったわ。
 ここは私の家だと言う事が。
 私、頭が変になったのかしらと思い怖くなったの。」


母は子供の頃も、結婚してからも苦労の多い人でした。
その苦労もひたすら耐えて家族に為に気丈に生きて来た人です。
その母の口から出た言葉に私は母を慰めながらも心では「まさか!!」の想いで一杯でした。
まさか認知症の始めではないかとの想いがよぎったのです。

群馬に住んでいる母、そして千葉にいる私。
出来る限り電話でも頻繁に母の声を聴き、母を訪ねる回数も増やし、
一人でいる孤独感を埋めなければなりません。

認知症は早期発見で病状を遅らせる可能性もあります。
ただ、母がその病に掛かっているかどうか今は解りません。

現代の人とはかけ離れた忍耐力で生きて来た母が赤信号は発した時は
手遅れの可能性も秘めているように思います。


どうか、皆様 母の晩年が穏やかで過せますようにお祈りください。
そして、母がイエス様を知る事が出来ますようにお祈りください。

コメント

2008年
01月24日
22:08

主の平和
お母様のこと、お察し申し上げます。
私も、母が一人暮らしですので。
  ご高齢ですから転倒や火の不始末、防犯などが気になりますね。
段差をできるだけなくす、廊下や歩く場所を整頓して、できるだけ広く、明るく(夜間など)保つようにする、などして差し上げるとよろしいですね。
 あと、民生委員さんや同じ町内の親切な方のところに、ご挨拶して、お母様の様子を時々、見ていただくようにするとか・・。
 いずれにしろ、お母様がお健やかに過ごされますように、ささやかですが、お祈りいたします。
主の平安が、私たちとともに。

2008年
01月24日
23:41

お母様のこと、お祈りいたします。
要介護2級とはどの程度のものなのかわかりませんが、人間年をとると今まで一人でやっていたことができなくなったりしてきます。ヘルパーさんはきていらっしゃるのですか?
おっしゃるように、時々出かけて行って様子を見たり、電話でお話したりされた方が、良いと思います。
私の祖母が認知症で最後の3年位は施設に入っていましたが、母が訪ねても母のことをわからないほどでした。母が訪ねて、「昭子だよ」と言っても
「私にも昭子と言う娘がいたような気がする。ところであなたはどなたですか?」なんて聞かれたと言っていました。そうならないうちに、お母様と沢山お話されたほうがいいかと思います。
主の平安がrobinmamaさんとお母様の上にありますように、お祈りいたします。

2008年
01月25日
00:52

【たらさん】

お祈りありがとうございます。
感謝します。

おっしゃる通りですね。
高齢になると家の中での怪我が多く、それがきっかけで寝たきりの状態にもなる可能性がありますものね。

本当に健やかな晩年を送って欲しいと祈っています。

2008年
01月25日
01:01

【モーリーさん】

母の場合は歩行が困難で二階に上がるのもリフトを使用しています。
歩行以外は殆ど支障はありませんね。
週1回のヘルパーさんが来て掃除をしてもらっています。

お母様はお辛い想いをなさいましたね。
そうですネ、モーリーさんのおっしゃるように母ともっと話をしましょう。

お祈りありがとう。
とても嬉しいです。

2008年
01月27日
23:20

お母様のことお祈りしています。
私も一人暮らしの母親のことは気になっているので、他人事とは思えません。
お母様やご家族の方が平安に過ごせますようにお祈りいたします。

2008年
02月01日
23:48

Manaさん

お祈り感謝しています。

とても心強いです。
ありがとうございます。

: