クルミンシタさんの日記

(Web全体に公開)

2007年
12月16日
07:51

結婚祝い製作 vol 13

絵本、完成です。
200円絵本です。
前ページ、ラミネート加工しましたので、100円絵本ではなく200円くらいかな絵本になりました。
兄に贈るためのものなので、ラミネートフィルム、ちょっといいほうのを使用しています。
結局、
ある時点から、かなりシンプルにすることに決定し、そしてワイルドさというか、なんというか、ジーパン履いてて作業小屋、みたいな雰囲気もそのまま出したかったので、
糸とボンドで製本してありますが、糸を通すため、ドリルするとき、そんな感じを大事にやりました。
予想はしていましたが、出来上ってみると、なかなかの出来です。
ジーンズな感じが出ています。もともとは作業着だったジーンズな感じです。ボンドとからまった糸の感じが、乾いてみると、かなりそんな感じです。

100円絵本のほうも、このやり方でオッケー!
という感じです。
100円絵本のほうは、表紙だけラミネート加工ということになります。

正直、自分的には予想外の部分もある上出来です。ボンドの乾いたところ、背の部分とか糸の部分、予想の段階では幾分、欠点でありましたが、
もう、むしろ長所です。

これからも、100円絵本、このカンンピューター的なワイルドさでやりたいです。

手順、
いろいろ考えたり思考錯誤したりしてきたわけですが、
結局、このシンプルさでオッケーで、十分、丈夫です。

硬質の透明プラスチックを正確にサイズ合わせて切って、その長方形1枚が定規になります。
プリントアウトした原稿を、その上に長方形定規を置いて、カンピューターでナイスなバランスのところに合わせてカッターで切ります。
ラミネート加工します。
揃えて、背にボンドを平たくした箸とかで壁塗りみたいに塗ります。
ドリルで糸を通すための穴を開けていきます。糸とそんなに変わらないくらいの大きさの穴でなければなりません。糸に気持ちボンドを付けながら縫っていきます。ぐいぐい引っ張りながらです。ボンドが乾くか乾かないかくらいのとこでの微妙なテクニックのいる作業ではあるかもしれません。

以上。これでオッケーです。


今回の絵本は結局、36ページとなりました。
試行錯誤する前よりもさらにシンプルなページ数です。
作品のみとなりました。注解とか、訳とかはなしとしました。
それらは、アドレスを載せておいて、そちらにアクセス☆ にします。

アラビア語の詩も1ページあるわけですが、訳も注解もまったくなしです。

オッケー☆

コメント

2007年
12月16日
07:59

どうしてこうなったのか、
「ぼくのおばあちゃんです」
のページ、違うところに入っちゃってます。
製本してから気付きました。

作品的には、テンポ、漫才のごとしですので、作品的にはナッシングなのですが、今回はよしとします。
「ぼくのおばあちゃんです」
の絵がむしろ最後まで残る感じになってるなと思いました。

そして、これによって思いついたのが、この絵を使ったTシャツです。

これも贈ることにします。

肉親身内バージョンです。

祖母のこと、忘れないようにしてクレヨン☆

: