パスター菅野

<< 2007年12月 >>

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

パスター菅野さんの日記

(Web全体に公開)

2007年
12月13日
07:21

伝道の戦略2

前回は、日本民族総福音化運動・東京ブロック集会の三谷さんの短い講演の内容を紹介させて頂きました。

今日は、メイン講師の手束先生の講演の内容を少し紹介したいと思います。

聖書は、老人が用いられたという記事に満ちているということでした。確かに、エレミヤやダビデ、サムエルのように若い人が選ばれ用いられたということに目が行きやすいですが、モーセ、アブラハム、ザカリヤ等々、年老いてから神に呼ばれ、神の働きをした人もたくさんおられます。これは、年を取った人に対する福音であり、希望だと感じました。

また、教会が成長しないのは、罪探し、責任の所在探求、裁きが原因であると強く語りました。

うまく行っていない、苦しんでいる人を見てあるクリスチャンは、あなたのこういうことが問題だから悔い改めなさい、と言ったり、思ったようにことが運ばず、うまく行かないと、その原因を探して責任転換をするということです。確かに、私も、そのようなことを言ってくる人にたくさんで会いました。その気持ちはよくわかると、手束師は語りつつも、そのことに対して厳しく戒めるように語りました。

例として、ご自分の教会がど田舎であるにも関わらず、450人にまで成長したのには、韓国のヨイド純福音教会のチョー・ヨンギ牧師の教えのお陰であったということを感謝する話をしながらも、チョー先生が、40代~50代というベストエイジを日本の宣教、日本一千万救霊にささげられ、あの器が命をかけても日本は変わらなかったという中で、結論としてチョー先生は、日本には二つの原因でリバイバルが起こらない、と結論を下し、その内容は、偶像崇拝とアジア侵略・植民地化にあると言う事だと語り、そうではない!と語りました。

なぜならば、偶像礼拝は、福音の光に照らせれてはじめて、それが罪だとわかるのであり、そうじゃない人は、自分がいいことをしていると信じて疑っていないのだから。もし、クリスチャンが偶像礼拝をするなら、それはもちろん問題であるということです。

また、アジア侵略は、人を殺し、戦争の罪を言うならば、今中国の大リバイバルを見る時に、中国の共産主義は、たくさんの人を大量に虐殺し、韓国の人も殺戮をした、にも関わらず中国はリバイバルが起こっている。

だから結論として、チョー先生は、リバイバルが起こらない原因の罪探しをしたけど、そうではなく、神の時が来ていなかったのである。そして神の時は、今から来るのである。それに備えてよく準備をし、日本の1億2千万以上の人を受け止められるように備えられることが必要である、という内容でした。

私にとってチョー・ヨンギ先生は恩師ですから、とてもこんなことは語れませんが、手束先生を私が大好きな点がここにあります。小人、例えば、私のような者に対しても、とても丁重に大切に接して下さいます。しかし、自分よりも力がある人に対しても、決して媚びないで、同等に接する部分です。多くの人が、長いものに巻かれ、自分が見下すような人に対しては、どうでもいいように扱います。だからこそ、手束先生のような人は光りますね。

これは個性ですから、私にはまだ真似は出来ませんが、とても尊敬しています。

私が、日本民族総福音化運動の東京ブロック長としてがんばれるのは、そんな先生が上にいて下さるからです。

日本の救いの時は近づいています。

昨日は、残念ながら、参加予定だった元創価学会の幹部のOさんは欠席でした。彼は、2000~3000万人の新興宗教が今まさに崩れようとしている。日本のモラレが低下している、この日本を救えるのはキリスト教以外にない、その準備を今しなくてはいけない!と講演で語った内容を聞いたことがあります。

キリストに狂い、隣人を愛し、神のみを怖れ、日本を救うことのために共に立ち上がりましょう。祝福をお祈り致します。

コメント

2007年
12月13日
09:00

1: -

なるほど、良い視点を提供してくださいました。
日本総福音化運動って何ですか?
私には耳新しいのですが。

2007年
12月17日
16:52

三ノ三さん

コメントを感謝します。
日本民族総福音化運動は、
イエス・キリストの大宣教命令を成就させることを目標とする働きです。
母体は、韓国民族総福音化運動です。
シン・ケンキン牧師が導き、これによって韓国の大リバイバルがはじまった
と言われます。
しかし、日本ではまだ3~4年くらいですので知名度は低いですが、
神さまが期待している働きだと思います。
またよろしくお願いします。
コメントを感謝致します。

パスター菅野

: