トクトル

<< 2008年9月 >>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

トクトルさんの日記

(Web全体に公開)

2008年
09月27日
18:16

あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。

今世の景気は、とてもお寒い状況です。

 リーマンの破綻、原油の高騰によって、運輸業、漁業は、赤

字覚悟の経営をしているようです。

そんな中、福田首相の辞任そして、新総理として、麻生さん

が、首相になりました。

 しっかりと、この国をささえてほしい。



 さて今日は、主・イエス様にいのり、隣人を愛するというこ

と自分を知るということについて、書こうとおもいます。



主・イエス様は、マルコ:12、31 で、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよと」

おっしゃり、別のシーンでは、良きサマリア人のたとえを通

し、私達が隣人を愛するようになれるよう、他人に親切にすることおこなうことを主・イエス様は、教えられました。

 しかし、私は、おもうのですが、大概の方は、小さなこども

や、かわいい子犬などを見ると頭ではなく、心でその対象を愛

せますが、自分にとって年上の方や同僚を、同じように愛せて

いるのか、疑問です。

愛とは、心を開き、そして、交わっていくうちに、仲良くな

り、いつのまにか、その人を好きになっていくものではないか

とおもいます。

今回私が主に祈り書こうとしていることは、自分を愛するとい

うことです。

人を愛することは、大事ですが、その前に自分を知り、人を愛

する為に自分を愛することは、大事です。

 さて宮沢 賢治が、書いた小説に銀河鉄道というものがたり

があります。

 貧しい主人公ジョバンニと、普通の家庭のカムパネルラは親

しいと友達で、この物語は、ふたりが、夢または仮死状態の中

で、天国へ向う列車にのり、星星を旅していくもがたです。

 
 最後、ジョバンニは、夢から覚め、カムパネルラは、友達を

助けようとし、溺れ死ぬのですが、そのときのワンシーンにこ

ういう記事をみつけました。

「おまえの友達がどこかへいったのだろうカムパネルラは本当

にとおくにいったんだ。」

カムパネルラと一緒に生きたいとジョバンニはいうと青白いや

せた大人は、こういいます。「ああ、そうだ、けれども一緒にいけない。

 そしてみんなが、カムパネルラだ。

おまえが会うどんなひとでもみんな何べんもお前といっしょに

りんごをたべたり、汽車にのったりしたのだ。

 だからやっぱりおまえは、さっき考えたようにあらゆるひと

の一番の幸福を探し、みんなと一緒にそこに行くがいいそこ

で、おまえは、本当にカムパネルラといつまでも一緒に行ける

のだと。」

作者は、きっと死んだカムパネルラの後に天国へいくには、い

つもカムパネルラと隣人を自分のように愛することこそか゛死

んだカムパネルラと目には見えずともともにいることだといい

たかったのではとおもいます。

 あらゆるひとと仲良くし、あらゆるひとの一番の幸福をさが

すことのなかに、本当の自分がいる、もしかしたら、カムパネ

ルラ自身主人公と気があったようですが、その中に、自

分をいつのまにか、見出していたのかもしれない。

自分を知るということは、自分の好きな人意外の人にも同じよ

うに、接して、その人の一番幸せを願いいのるときに、本当の

キリストによる体をきせてもらい、自分をしれるののではない

かとおもいます。

幸せを願うから神が与えた恵みのとまことを掟を守り、そし

て、愛は、上下の関係子供、大人、牧師、それぞれがその人ら

しく生きるときに自分をしれます。

 思いやりを持ち、人が主・イエス様の恵みをうけ、その人ら

しく生きることが、そのような気配りを持つときに、主・イエ

ス様の十字架が私達を照らし、そこにあるすべてのもの

が、自分であり、銀河鉄道のカムパネルラと供にいること=隣

人として友としていることになるのです。


    マルコ:12、31 で、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」

コメント

2008年
09月27日
21:44

1: rokoko

すばらしい日記ありがとうございます。
銀河鉄道の夜、本の中でも好きな作品です。

神様の愛ってすごいですよね。

愛は寛容であり、親切です。また。人をねたみません。愛は自慢せず、傲慢になりません。礼儀に反することはせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。全てを我慢し、全てを信じ、全てを期待し、全てを耐え忍びます。

コリントⅠ 13:4-7

愛のある信仰人になりたいと切に願う今日この頃です。

2008年
09月28日
17:39

こんにちは、コメントありがとう!

rokokoさんの日記みました。

信じるものとして、自分もよく吟味してあゆもうと

おもいます。(^。^)。

: